あらふぉーばど日記 ホーム »
最近の記事

高校のコーチをしています  

お久しぶりです。超〜お久しぶりです。
子どもの受験が終わり、さあてブログやるかなあと思ったんですが…いつもFacebookで日記を書いてしまうのでそれ以上同じこと(いや見る方にしてみれば同じじゃないんだけど)を書くのも力尽きて💦

近況ですが、相変わらず練習は割と熱心にやっています。今までよりレベルが高い場所で練習するようになり、もうアップアップです💦でも少しずつ力もついてきたのか、市町村代表として出る試合でも勝てるようになり、そこから練習場所が広がってまたレベルが高い練習に誘ってもらい…というようにネットワークが広がってきました。嬉しい限りです。

そして、以前は中学校のコーチを頼まれた私ですが、今度は高校のコーチを頼まれました。非常にお世話になっている方にお願いされたので断るのもな〜と思いましたが、結構強い部活で女子は都道府県代表を目指す高校です。高校生ともなれば男子はスパーリング相手が私では…と、どうしよう…と悩み「とりあえず見に行ってみてもらえますか?」と言われたので見に行きました。

部員は男女合わせて25名。去年までは専門の顧問がいたけれど今年は異動してしまい、今の顧問の先生は経験者ではあるけれど教えることはとてもできない…と。
男女とも1年生は私でも教えることが十分あり役に立ちそうです。2年生にも役に立つかな。子ども達のキラキラした目が…そんなに期待されたら自信はないけど断れないじゃないか!

「初心者初級者には私でも十分お役に立てると思います、でも男子の上手な子には私では基礎固めはできてもレベルが高いスパーリング相手にはなれず力不足だと思います。基礎を固める指導ということでよければお引き受けできます」と先生に言ってしまいました…断るつもりだったのに!

私はコーチは本業ではなく、まだ自分自身が現役で上を目指しているので、自分の練習を優先することもあり愛情を子ども達に全部注げないと思うのです。コーチとしてはまだまだたくさん学んで、まだまだたくさん経験が必要です。それでもいいのか?と、自問自答する間も無く断れなかった…いいのか私…💦

かくしてコーチを引き受けて4ヶ月。週に1回しか行かないのでやれることは限られていますが、その中でできる限り自分の持っているものを与えてきたつもりです。と言っても私は練習メニュー作りなどには基本ノータッチなんです。頭からああしろこうしろとは一言も言いません。子ども達が部長を中心に自分達で考えてきたメニューに対して何が目的なのか聞いて、その目的なら何に注意をするのか、もっとこういう観点で工夫した方がいいのではないか、というようなことをアドバイスするような感じで関わっています。

3年生の引退試合には2年生も出ていましたので、その反省を元に新部長が「練習したいけどメニューの作り方がわからない」というようなことを言ってきました。その時に「試合が終わって自分達の課題は抽出した?課題があってやりたいことがあってのメニューだし、メニューを組むならいつの試合にどこまで課題を克服しどういうプレーをしてどこに勝ちたいのか明確に期限をきって計画しないと時間切れになるよ。皆で話し合ってごらん?」とアドバイス。すると翌週はきちんとメニューを組んできていました。

ただ…せっかくだからそれ私に見せてよ(笑)!そういうことにはあまり気が回らないんですよね(笑)。見せてくれたらまたアドバイスできるじゃないか💦

そんなこんなで3年生は引退し、新しいチーム作りを本格的に始めて2ヶ月。1年生もだいぶ打てるようになってきましたが、まだまだですね〜まだまだ。もう少しフォームが直るといいんだけどな〜…💦

私は今時の高校生のレベルが高いプレーを見る機会がそれほどなく、身近で見たものが標準なのかどうかもわからず自分が考えているバドミントンを教えて良いものかどうか迷っていました。大学生や社会人は知っているんですが…高校生はまた違うのか?どうなんだろう?って。
うちの子達はパワフルで攻撃力はありますが、打って打って打ちまくるので少しは崩してから!つなぎを丁寧に!とずっと思っていたんですね。でもそれは私が○○歳のオバさんだからなのか!?と…。若い時には打っていった方が良い場合もありますからね…打てる場面は当然私よりも多いので、そこは打て!上からいけるはず!と思う場面は打てといいますが…それにしても…う〜ん!?

で、先日インターハイを見て、自分の考えるバドミントンで良いのだと思いました。パワーを使いつつも配球が非常にクレバーで、速い球も緩い球も上手く使っています。つなぎも上手。ということで、うちの子たちにはゲーム展開をもっと考えるようにいくつかアドバイスをしたんですね。ヒントは遅い球や一見半端に見える球の使い方だよ、と。

すると、先日の試合で女子のトップの子達は攻撃にかなり幅が出ていました。その試合は相手もそこまで強敵ではなかったのですが、現段階では言うことなしという感じ。もっと上を狙うならもっとレシーブ力のある相手に大きく展開された時に我慢しながらチャンスを作ること、もっと球種や同じ場面での選択肢を増やし幅を広げることと、今は次のことだけ考えているけれど、最終的にどういう場面や展開にしようとか、ある球を出させることだけではなく相手の陣形を崩したり体を崩したり、逆に自分達が苦しくならないようにといったことも考えてみること、余計な動きをしないでもう少し落ち着いてプレーすることなどを話しました。

胸が痛いwww私も同じwww

男子も1年生がずいぶんと成長していて、基礎はなってないけど配球は結構うまいじゃん!でもパワーに頼りすぎなのと、普段の基礎の甘さ精度の低さが試合にそのまま出ているから、そこが今日の結果の差なんだよ、とアドバイスしました。本当にそう思います。大きな差は他にはなかったです。男子だからきっと「パワーやスピード負けした」くらいに思っているような気がしますが、そこはほぼ互角でした。相手の凄さがまだわからないだけでなく自分の良さもわかってない。その逆も然り、です。

男女とも「こういう球を使った方がより幅が広がっていいよ」と言うと「その球のイメージがわからない」と言うのです。そりゃごもっとも…見たことない球はわからないもんね。だから私も打ってみて、私が打てない球は動画を見るように教えて、イメージを持ってくるように伝えました。できればヨネックスオープンや実業団などの試合をコートのできるだけ近くで見てみて欲しいですね。百聞は一見にしかず。

実はこの学校、有数の進学校なんです。頭を使い、いちいち言われなくても自分達で自立してバドミントンをやって欲しい。私はあくまでもサポーターで、部は彼らと保護者と先生と学校のものですから、出しゃばらずにコーチだけどお母さんとして(年齢的にも…💦)体のケアをするトレーナーとして、同じプレイヤーとして、そして同じ人間として、普段は見守って彼らが困った時迷った時には頼りにしてもらえる。そんな存在でいたいと思っています。

断るはずが結局こうなったと…こうなることはわかっていたのですよ、始めて会った時からみんなかわいいんですよ💦だから躊躇していたんです…💦

まあ、こないだ男子ボコボコにしといたけどwww嬉しそうだったのは気のせい?どうして男子って老いも若きも私にやっつけられて喜ぶんだろう…
スポンサーサイト

category: 部活

tb: 0   cm: 3

実に5ヶ月ぶりでした  

こんにちは、超ご無沙汰しています。
この5ヶ月、本当に久しぶりすぎて忙しくて(練習はしてたけど)…。

我が家の上の子が高校受験でした。今の高校受験は親が出る機会がたくさんあるんですね。学校説明会、見学、体験授業、体験部活、入試相談、併願する私立も同じことをする…。うちは公立が第一志望でしたが、まるで私立のような至れり尽くせりの生徒集めに驚きました。

私も大学院までオール公立育ちでしたが、親が高校に来たことあったかな?きっとなかったです。うちの高校、進学校のくせに面談や進路指導が一切ないある意味トンデモ高校だったので…。受験生の私自身も入試までに高校に行ったのは出願の時の1回だけ?いやもしかしたら出願は代表or先生が取りまとめたかもしれないから、その場合は入試で初めて行ったかな??

しかも一番最初の「入試報告会」なる前年度入試の平均点や試験のポイントなどを説明してくれる会が6月にすでにあったんですよ。先生方も大変ですよね、前年度の入試が終わる合格発表から3ヶ月、春休みの新入生の招集説明会からは2ヶ月しか経っていないような状況ですでに次年度の入試が始まってる…公立でもそれくらい生徒集めに必死なんですね。

1学期はそのくらいでしたが、2学期に入ってからま〜〜〜怒涛のようにイベントがくるんです。学園祭、体育祭、などを含め、候補に挙がっている高校の数だけあるので毎週末が入試関係でほとんど埋まっていました。うちは候補が3校だけだったけど、私立含めてたくさん受けてる子はこれがいったい何倍に!?
年末になってくると志望校が絞られてきますが、こんどは入試の解説をしてくれる解説会や、塾の講習イベントも目白押し。

送迎やらも含めたらもう本当に忙しい!!!うちの子呑気なので取りこぼしていないか親もヒヤヒヤだし…

うちの子は内申点が志望校の合格60%基準(その成績で10人受けたら6人合格する)に少し足りなかったんです。だから第二志望に下げるか…と迷いましたが、本人がどうしてもそこに行きたい!と言うので、下げないのなら必死にやれ!と。

でもね〜〜〜〜〜必死にやらないんですよこれが〜〜〜!!!
本人的には必死なのかもしれないけど、サラエボ事件を「どこかの皇太子が誰かにどこかで暗殺された事件」とか覚えてるようじゃね〜〜〜つかそれ覚えたうちに入らんだろ!!結構な難関校を第一志望にしている子がそれってどうなの!?どうなの!?

併願の私立の制度も私立受験を大学記念受験1つしかしたことがない私にとっては未知の世界。内申点で試験免除で合格が出る制度があるとは!!!うちの子は幸い基準に達していたので合格、それも特待をもらえたので親は一安心(笑…私立高いからね〜〜〜💦)。

でもやはり第一志望の公立に!と本人の強い気持ちがあったので、私立が確保できたし我が家はそのまま下げずに第一志望で行くことに決めました。模擬試験では最後の模試でA判定が出て、でも学校の模試ではなぜかあまり点が取れずCギリギリ。塾の先生は絶対にいける!と言い、学校の先生はちょっと厳しいだろうと。

公立の一般推薦も出したけれどそれは不合格。オール5の子たちでも落ちるのに、やはり厳しかったけれど本人は討論や小論文がとても楽しかった、あの人たちと一緒の高校に行くために一般入試頑張る!とモチベーションが上がったので良かったかな〜。ただ「落ち込むなら受けるな」と言ったので「ママだって宝くじ外れたら落ち込むでしょ?その程度は落ち込むよ」とか言うんです。宝くじ落ち込んでそんなに落ち込むなんてどんだけ宝くじに掛けとんじゃwww落ちこまね〜(笑)!!

そんなこんなで毎日毎日「勉強が嫌なら義務教育以上に行かなくても構わん!働け!」「お前の本気はその程度か!」「言ってることとやってることが違いすぎる!」などと言う私と毎日のように喧嘩しつつ、なんとか第一志望に合格しました。私は学校や塾での姿は見ていませんが、家にいるときにはかなりスイッチ切っていて、他では時間を惜しんで勉強していたようです。某競技をその高校でやりたい!という強い気持ちが良かったんでしょうね。

受験を通して随分と成長したようにも見えました。将来を考え、今やらなくてはならないことを乗り越えていくこと。そして目標を持ち挑戦していくこと。結果はどうあれ、そのプロセスで人間は成長していくのだなと改めて思いました。

一意専心、一念通天。全てにつながることですよね。

今年はその他にも本当に色々忙しく。

年度末には義父が亡くなりました。療養中から葬儀まで、本当に色々と。本当に優しい、尊敬する義父だったので私も悲しく、気持ちが沈んでしまいました。復活してきたのは最近です。気持ちが沈むとバドの方でも全然体が動かないんですね。クラブのことで悩んでいた時にも少し感じましたけど、その比ではなかったです。

更に、いい加減にしてほしいけれど離れたクラブと少しでも関わると本当に嫌な思いをして気持ちが沈んだり。これほどまでに嫌な思いをするなんてびっくりしますし、クラブがどんどん嫌な方向へと動いているのを見ると寂しいです。私は抜けた人間だから、ほっといて!って感じです。あれだけ色々頑張ったけど、今は裏で悪者にされ悪口三昧。もうどうでもいいから、いくら言ってもいいから、ただ裏でそんなことしながら凶悪な笑顔で私に近づいて利益(バド教えてもらうとか)を得ようとするの恥ずかしくない?って思いますね。

ただね、今年度はバドミントンに関しては私には成果があった年でした。
去年1年あまりバドミントンができなかったにもかかわらず、個人戦ではAランクで2回優勝1回準優勝1回4位、団体戦では準優勝1回。市町村代表にも選ばれ、ほうぼうから「試合に出てほしい」「練習会に是非」という声もかけていただき…。クラブを離れたおかげだと思っています。種まきできた年だったかもしれません。

クラブいて「縛られていた」んだと感じました。他のレディースの人からは「クラブの人(だから声をかけちゃいけない、試合には誘えない)」と見られるし、私も自分の練習場所に行くよりクラブをどうしても優先することになります。こう言っちゃなんだけど、一緒に出たくもない人とだって試合に出ていかざるを得ません。

でもそれが全部なくなった。

自分で切り拓けば自分の自由。私が私であるまま、おかしな事にまきこまれ半ば強要されるような形で染まっていく必要もない。自分の信念のままに進めばいい。同じ方向を向き、同じ事を考えてくれる人と一緒にやればいい。

来年度は少し身辺が落ち着きそうなので、更に前を向いて頑張ります!

category: 日常

tb: 0   cm: 1

愛されててありがとう(笑)  

いつも一緒に練習している人が入院しちゃったんです。正確にはしていたけどもう退院した、ですか。私は退院した後の練習で会った時に初めて聞いてビックリ!私は暑いのが大大大好きでこの夏も全くエアコンを使いませんでした。でも皆は普通にバテたんだろうなあ〜と思いつつ、練習なんて大丈夫なの!?とか話してたらYさん(前に大会優勝したパートナー)が加わり。

「いやあ〜Kちゃんがさあ〜病院からメールして来たからビックリしたよ、『みゃーこさんと3日連続で練習したら入院してしまいました』ってさぁ〜〜〜」

えっ!!私のせい!?

「そうなんですよ〜練習3日目の夜に具合が悪くなって救急に駆け込んだらそのまま入院って」

いやだから私のせいなのか!?

「みゃーこさんと一緒に練習した日は夜必ず脚がつる」
「みゃーこさんと一緒に練習した翌日は必ず体調が悪くなる」
「みゃーこさんと練習した後は筋肉痛が酷い」
「みゃーこさんと一緒に試合に出たら1週間体中が痛くて死にそうだった(Yさんww)」

等々、散々な言われようの私ですが、とうとう病院送りにしたかと思うと胸アツです…。

しかも男を

そして病み上がりのKさん、帰り際に「じゃっ、みゃーこさんまた明日」等と言うもので、冗談で
「2日続けて私と練習して大丈夫ですか?」と聞いたら真顔で

みゃーこさんは週に2回までならOK出てますから、でも3回以上はドクターストップです」

まじか…む、胸アツ…。
これは1)私がサボっていてパートナーの負担が増している、2)私の球出しがパートナーに激しくドS、のどちらかなんでしょうか。ちなみに私は全然平気で、あんまり息も切れません。

なんでだろーと不思議に思っていましたが、その後なんとなく原因が判明しました。


ある日、練習にカワイイ〜子が来てくれました。いやホントカワイイのよね〜〜〜!10歳しか違わないから「子」って言うのは憚られるというか私もそんな年になっちゃったというか💦まあとにかく上手くて良い子なんですよ。

休憩でその子のゲームを見ていたら。

「Mちゃんもみゃーこさんもショートカットじゃん?Mちゃんもみゃーこさんもすごい打つじゃん?でもMちゃんはかわいいよね~何でだろね~」

何気に思い切りdisられた(笑)。

「私をいま超~disったよね~」
「違うの、そうじゃなくてMちゃんとは全然違うなあって~」
「全然かわいくないと」
「かわいいって感じは全くないよね~」
「私、全然怒ったりしないし打ちまくったりしないじゃん」
「いや、こう…なんて言うか…ギラギラ感が違うんだよね…いるだけで(笑)」

ギラギラ感て(笑)

「対戦も怖いんだけど、組むと緊張する~」
「組んだ人にああしろこうしろ!って怒ったり、不機嫌になったり、やる気なくしたりしないじゃん、私。そういう人の方がよほど怖いよ?」

「そうなんだけど…みゃーこさんが前にいると"ドロップなんか打つなよ、気合い入れてスマッシュ打てよ"って背中から感じるし、後ろにいると"スマッシュ打つから前で決めろよ"というビームを感じる
「別にそこまで全然期待してないけど」
「それもヒドイ~!」

だから3日続けて練習するとストレスで入院するのか(笑)。

Kさんも「皆も気をつけた方が良いですよ、めちゃくちゃ免疫機能が下がりますから」とか言うしな(笑)。

ああ言えばこう言う皆様(笑)
いつも練習ありがとうございます(笑)

ギラギラ感が入院の原因みたいなので、これからはキラキラ感が出せるようにガンバリマス(違)!

category: バドミントンいろいろ

tb: 0   cm: 7

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop