あらふぉーばど日記 ホーム »日常
カテゴリー「日常」の記事一覧

実に5ヶ月ぶりでした  

こんにちは、超ご無沙汰しています。
この5ヶ月、本当に久しぶりすぎて忙しくて(練習はしてたけど)…。

我が家の上の子が高校受験でした。今の高校受験は親が出る機会がたくさんあるんですね。学校説明会、見学、体験授業、体験部活、入試相談、併願する私立も同じことをする…。うちは公立が第一志望でしたが、まるで私立のような至れり尽くせりの生徒集めに驚きました。

私も大学院までオール公立育ちでしたが、親が高校に来たことあったかな?きっとなかったです。うちの高校、進学校のくせに面談や進路指導が一切ないある意味トンデモ高校だったので…。受験生の私自身も入試までに高校に行ったのは出願の時の1回だけ?いやもしかしたら出願は代表or先生が取りまとめたかもしれないから、その場合は入試で初めて行ったかな??

しかも一番最初の「入試報告会」なる前年度入試の平均点や試験のポイントなどを説明してくれる会が6月にすでにあったんですよ。先生方も大変ですよね、前年度の入試が終わる合格発表から3ヶ月、春休みの新入生の招集説明会からは2ヶ月しか経っていないような状況ですでに次年度の入試が始まってる…公立でもそれくらい生徒集めに必死なんですね。

1学期はそのくらいでしたが、2学期に入ってからま〜〜〜怒涛のようにイベントがくるんです。学園祭、体育祭、などを含め、候補に挙がっている高校の数だけあるので毎週末が入試関係でほとんど埋まっていました。うちは候補が3校だけだったけど、私立含めてたくさん受けてる子はこれがいったい何倍に!?
年末になってくると志望校が絞られてきますが、こんどは入試の解説をしてくれる解説会や、塾の講習イベントも目白押し。

送迎やらも含めたらもう本当に忙しい!!!うちの子呑気なので取りこぼしていないか親もヒヤヒヤだし…

うちの子は内申点が志望校の合格60%基準(その成績で10人受けたら6人合格する)に少し足りなかったんです。だから第二志望に下げるか…と迷いましたが、本人がどうしてもそこに行きたい!と言うので、下げないのなら必死にやれ!と。

でもね〜〜〜〜〜必死にやらないんですよこれが〜〜〜!!!
本人的には必死なのかもしれないけど、サラエボ事件を「どこかの皇太子が誰かにどこかで暗殺された事件」とか覚えてるようじゃね〜〜〜つかそれ覚えたうちに入らんだろ!!結構な難関校を第一志望にしている子がそれってどうなの!?どうなの!?

併願の私立の制度も私立受験を大学記念受験1つしかしたことがない私にとっては未知の世界。内申点で試験免除で合格が出る制度があるとは!!!うちの子は幸い基準に達していたので合格、それも特待をもらえたので親は一安心(笑…私立高いからね〜〜〜💦)。

でもやはり第一志望の公立に!と本人の強い気持ちがあったので、私立が確保できたし我が家はそのまま下げずに第一志望で行くことに決めました。模擬試験では最後の模試でA判定が出て、でも学校の模試ではなぜかあまり点が取れずCギリギリ。塾の先生は絶対にいける!と言い、学校の先生はちょっと厳しいだろうと。

公立の一般推薦も出したけれどそれは不合格。オール5の子たちでも落ちるのに、やはり厳しかったけれど本人は討論や小論文がとても楽しかった、あの人たちと一緒の高校に行くために一般入試頑張る!とモチベーションが上がったので良かったかな〜。ただ「落ち込むなら受けるな」と言ったので「ママだって宝くじ外れたら落ち込むでしょ?その程度は落ち込むよ」とか言うんです。宝くじ落ち込んでそんなに落ち込むなんてどんだけ宝くじに掛けとんじゃwww落ちこまね〜(笑)!!

そんなこんなで毎日毎日「勉強が嫌なら義務教育以上に行かなくても構わん!働け!」「お前の本気はその程度か!」「言ってることとやってることが違いすぎる!」などと言う私と毎日のように喧嘩しつつ、なんとか第一志望に合格しました。私は学校や塾での姿は見ていませんが、家にいるときにはかなりスイッチ切っていて、他では時間を惜しんで勉強していたようです。某競技をその高校でやりたい!という強い気持ちが良かったんでしょうね。

受験を通して随分と成長したようにも見えました。将来を考え、今やらなくてはならないことを乗り越えていくこと。そして目標を持ち挑戦していくこと。結果はどうあれ、そのプロセスで人間は成長していくのだなと改めて思いました。

一意専心、一念通天。全てにつながることですよね。

今年はその他にも本当に色々忙しく。

年度末には義父が亡くなりました。療養中から葬儀まで、本当に色々と。本当に優しい、尊敬する義父だったので私も悲しく、気持ちが沈んでしまいました。復活してきたのは最近です。気持ちが沈むとバドの方でも全然体が動かないんですね。クラブのことで悩んでいた時にも少し感じましたけど、その比ではなかったです。

更に、いい加減にしてほしいけれど離れたクラブと少しでも関わると本当に嫌な思いをして気持ちが沈んだり。これほどまでに嫌な思いをするなんてびっくりしますし、クラブがどんどん嫌な方向へと動いているのを見ると寂しいです。私は抜けた人間だから、ほっといて!って感じです。あれだけ色々頑張ったけど、今は裏で悪者にされ悪口三昧。もうどうでもいいから、いくら言ってもいいから、ただ裏でそんなことしながら凶悪な笑顔で私に近づいて利益(バド教えてもらうとか)を得ようとするの恥ずかしくない?って思いますね。

ただね、今年度はバドミントンに関しては私には成果があった年でした。
去年1年あまりバドミントンができなかったにもかかわらず、個人戦ではAランクで2回優勝1回準優勝1回4位、団体戦では準優勝1回。市町村代表にも選ばれ、ほうぼうから「試合に出てほしい」「練習会に是非」という声もかけていただき…。クラブを離れたおかげだと思っています。種まきできた年だったかもしれません。

クラブいて「縛られていた」んだと感じました。他のレディースの人からは「クラブの人(だから声をかけちゃいけない、試合には誘えない)」と見られるし、私も自分の練習場所に行くよりクラブをどうしても優先することになります。こう言っちゃなんだけど、一緒に出たくもない人とだって試合に出ていかざるを得ません。

でもそれが全部なくなった。

自分で切り拓けば自分の自由。私が私であるまま、おかしな事にまきこまれ半ば強要されるような形で染まっていく必要もない。自分の信念のままに進めばいい。同じ方向を向き、同じ事を考えてくれる人と一緒にやればいい。

来年度は少し身辺が落ち着きそうなので、更に前を向いて頑張ります!
スポンサーサイト

category: 日常

tb: 0   cm: 1

牛尾となるか鶏頭となるか…  

我が家の上の子は受験生です。今は高校を見に行ったり、授業公開を見に行ったりしています。今は公立でもこんなに丁寧に外に情報公開・発信しているんですね〜驚き!
私が受験生だった○十年前は間違いなくこんなに宣伝されてなかった!学力によって受験校が自動的に決まるような感じでしたよね?
だから私はぶっちゃけ受験するまでその高校に行った事すらありませんでした。受験当日に行けるのかという疑問もあるけど、超方向音痴な私ははなから友人に連れて行ってもらう気満々(笑)。

うちの子は某競技をやっていて、今結構強くなってきて私学からは少し声をかけられる程度になりました。高校も某競技が楽しくなってきた、頑張りたい!と。ただ推薦入学でおいで!と言われるほどでもないし、将来は先生になりたらいらしく勉強も両方頑張りたいと言うので、公立の志望校はいきなり2つに絞られました。

1校は某競技に力を入れていて推薦入学(都道府県大会ベスト8以上)も取っている学校で監督が旦那の先輩。学力は上の中くらい。ここは今後の競技成績次第ではもしかしたら推薦を出願するかも。雰囲気は明るくあか抜けていて、先生方も今伸びていて成長中の学校を売り出したい!みたいな前向き感積極性が見受けられます。生徒は自主自立していますが先生のバックアップも大きいです。

もう1校は勉強がメインの学力上の上の超進学校。競技はそれほど強くないが、旦那の後輩が監督でこれから伸びる可能性があります。ただ勉強が大変なのと強い選手がいないので競技レベルは高くありません。部がそこまで強くないからか、皆フレンドリーで見学に行った私達をすぐに案内しイスもスッと出し対応、練習後には集まってきてワ〜って囲んで「是非また練習に来て下さい!」「勉強との両立は大変ですが先生も仲間も素晴らしく、本当に来て間違いない学校と部です」と仲良しで子ども達のしっかり度が伺えます。
全体の雰囲気はいわゆる田舎の進学校で真面目で素朴、先生方は面倒見は良いのですがやはり真面目で素朴な学者っぽい方が多い印象で、もう1校よりもよりマニアックな真面目さと、やはり進学がメインだという雰囲気をヒシヒシと感じます。生徒は完全な自主自立で先生はあまり手を出さずに運営を生徒に任せていて、私が卒業した学校と似ている感じです。私の母校はこの半分も勉強してなかったけどね…(笑)。

監督が両方とも旦那がよく知っている方で安心して任せられるのは大きいです。転任がしばらくなさそうなのも確認しました。

私は勉強はそこまでガツガツやらなくてもいけんじゃね?と正直思っちゃうんです。自分が高校受験の時にはそこまでガツガツせずとも自分でコツコツ勉強して楽勝で入ったし、大学受験でも引退してからの塾なし自主勉強で合格しちゃったし…。子どもには「ママ頭がいいから」って言われるけどそうじゃなくて、本当に普段の授業の時間大事に集中するのと、一から取りこぼさないようにコツコツ順を追ってやること、それだけ。一部の超難関校は無理でも、一般的な学校ならそれでいけ…ないかな?

だからもし進学校があんまりガツガツ勉強させられちゃうなら、そこまでではなくても某競技の方も高いレベルでやれる最初の学校の方が良いのかな…?とも思いました。

まだ部活の体験をしていないので、授業と両方体験させてみて、それで最終的には自分で決めさせます。


いや、すご〜く自分と重ねちゃうというか(笑)。

私は両方経験しているから。

高校と大人になってのレディースではトップにいて、周りとの温度差や最後まで埋まらない意識の差が明らかに競技成績に出ているのに悩み、もっともっとという気持ちが抑えられませんでした。レディースは実は全然仲良しじゃなかったしね。

大学では逆にどんじり以下にいて諸事情もあって練習に全くついて行けない状態で辛い思いをしましたが、後から思うのはそこで見た超一流が今の自分のバドミントンに強く影響していて、なんだ結局はあの場所で少ししかいなかったにも関わらず得た物は大きく、こんなにも自分のバドミントンに影響しているんだ、と気づきました。

高校は学力レベルが高い所で、そこにいた人達はやはり自分に刺激をくれる人が多く、競技レベルは低かったけれどそこで得た友人は一生の友人。

どちらがいいんだろう。

子どもの志望校は、競技は強いとはいえ公立で私が大学で経験したようなレベルではないので、そこでも楽しくできるような気がするし、もし某競技をやっていてもっともっと!と思うなら某競技で決めた方がいいのかな?
それとも、進学校の方で皆を盛り立て一緒に頑張ろう!となれた方がいいのかな?

最終的には自分で決める事で、もし入ってから悩む事があってもそれはまた成長の糧となるでしょうからそんなには心配していないのですが…鶏頭となるも牛尾となる事なかれとは言うけれど、私は牛尾でも得るものがあって鶏頭では決して見えないものをもらったと思っているからそれは一概に言えないと思うし…。

勉強と競技レベルが相反してるから難しい。どちらを取るか、みたいになるのは嫌な気も。

どちらを選ぶのか。子どもの選択を楽しみに見守ろうと思っています。

つか、両方ともかなり〜〜〜勉強しないと〜〜〜選択することもできないぞ!!
とりあえず頑張れ!!

category: 日常

tb: 0   cm: 0

高い所が怖過ぎる  

広告が出ちゃったので解消がてら近況報告です。

ここ1ヶ月ほどは結構色々忙しくて、バドミントンも休んだり、走るのもあまりやっていないので書く事がありません。
前のチームの人からせっせと報告があるくらいですかねえ…。今は部外者の私に報告をくれるなんて嬉しい限りです。

そんな中で家族で旅行に行ってきました。旦那がどうしても行きたい!って言うから。それでなくてもインドア派な私、アウトドアはあんまりなんだけど、動物は大好きだから動物を見に行くのはやる気満々です(笑)。

色々な場所に行きましたが、知人所有のヨット(スゴッ!)に乗せてもらい、クルージングをしたら…なんとイルカが群れで寄って来たんですね!イルカはヨットが大好きで、競争したり一緒に遊ぶのが大好きなんですって。エンジンをかけている時には寄って来てもあまり近寄らずすぐにどこかに行ってしまう所を見ると、聴力が高いためスクリューの音などが嫌いなのかもしれないですね。

呼吸のために水面に浮いて来て「ブハッ!」って鼻息を出すので寄ってくるとすぐにわかるんです。しばらく一緒に泳いでいて、気が付けば群れになっていてた〜くさんのイルカに囲まれていたり…

超〜〜〜〜カワイイ!超〜〜〜〜気持ち良さそう!

ヨットは風だけであんなに速く走れるという事にビックリ!そしてアメリカズカップとかでギュイーン!って水が入りそうなほどに傾いて、帆をジャイブ(風向きに合わせて向きを変える)しまくってものすごいスピードで走ったりってすごすぎる〜!ああなると確かに競技(だけどヨットってそういうもの!?)ですね!

あと気が付いた事と言えば…
高所恐怖症があまりにもひどいってことです。若い頃よりもずっとヒドイかも。

渓谷を見に行くと必ずありますよね。

吊り橋。

あれが怖過ぎて渡れないんです。

何とか渡れたと言うか渡らないと意味がないと言うか、そういう場所は片手を橋、片手を子どもに捕まって目をつぶって渡るしかありません。

景色を見る!?

そんなこと出来る訳あるまい!!!!失神する!!!!

みんなどうして怖くないの!?

色々な橋を渡ってみてわかったことですが、

高い(渓谷とかダムとか)・手すりが低い(胸より下)・幅が狭い橋(2人分以下)は怖いようです。
歩道橋でも狭くて手すりのあるものは怖いけど、幅がある程度あれば揺れても透けても怖くない…。

おそらく、急に押されたり倒れたりしても絶対に落ちない!という確信がないと怖いんです。

誰も押さないよって思うけど、だってわからないし(どんだけ人を信用してないのか)、昨今では周りがわからない人も増えているので何も考えずに行動されたりして不意に押されたりしたら…。

落ちたら死ぬでしょ!?

おそらく私が不死身のサイボーグ009(古)とかならきっと怖くないんだと思います。

なんで皆さんは平気なんですか!?

category: 日常

tb: 0   cm: 0

夫は哲学者  

朝ご飯を食べていたときの事。

旦那が読書命、活字中毒の上の子に「ツチヤの品格」という、週刊文春に連載している哲学の先生のエッセイを貸してあげていたんですね。その話になって、

「怖い妻を持つ夫は哲学者になる」と旦那。
「哲学者って?」と下の子。
「世の中全ての事を深く考えて掘り下げて、そのものの本質を理解・解明しようとする人達だよ」と私(違うかもww)。


「ふう〜〜ん…じゃあパパも哲学者なんだね」


お前ら…。

category: 日常

tb: 0   cm: 0

中学生  

上の子が中学生になりました。

身長161cm、体重47kg、足のサイズ26cm…。足は母より父とほぼ同サイズ、他もそろそろ母と同じサイズです。いや、スタイルは母を圧倒しています。163cmあるのにLサイズで袖が何となくタリ〜ンとたるむ(手足が短くて末端が小さい)母。Lサイズでも袖や裾が短い娘。大きくなってしまいました…。

学校が遠いので45分歩いて通います。でも体力がつくからいいじゃん!!!と母はニンマリ。

中学で給食がない地域なのでお弁当を持っていきます。女子だし〜カワイイお弁当箱をと思い、ディ○ニーのかわい〜い保温弁当箱を買いました。

1日目「なんだか緊張していてあまり食べられなかった〜(でも完食)」
2日目「ちょうど良かった」
3日目「ちょっと足りなかった」→おにぎりを1個足す
4日目「腹八分目って所かな〜ご飯とおかずをまんべんなく足して」→おかず入りおにぎりをもう1個足す
5日目「食べる時間が短いから、あの位が限界かな〜」

どんだけ食うのだ!時間があったら弁当箱2つ分食べるんじゃないの??

そうか、旦那のドカ弁と交換すればいいのか!←ディ○ニーのかわいい弁当箱を使うアラフォー男性って…

そして部活。

某競技の部がないので、そちらは今まで通っていたクラブで活動することになりました。学校に部を作る活動をしつつ、中体連や近隣の大会には中学校の看板で出て行きます。

顧問の先生がいない、指導者がいない、練習場所がない…。
どの競技もジュニアはそれなりに活動していますけれど、中学がエアポケットになっていますよね。地域の力を使ったりしながらできないものかと思いますが、先生方も忙しく指導者となると責任問題とかもあるし…。

学区外の中学や私学も考えましたが本人が「友達と一緒に通いたい」と。強い割に、そこまで競技への執着もないんです。それはそれで貴重と言うか、週に10日練習している勢いの他の子からすればゆるく週2で勝たれるのはムカつくと言うか(笑)。運動神経はあまりよくなくても某競技用神経は結構発達しているようです。

今のようにピアノもやって、某競技もやって、勉強もやって、友達とも遊んで…という、器用貧乏的なスタンスが彼女には合っているのかもと思うので、本人が何か言ってこない限りはこのままいこうかなあと思います。もし某競技をやりたくなったらそれに絞るも良し、ピアノが良ければそれも良し。

甘いかな?でも私自身もバドは中学からだし、色々やる事で相乗効果もあると思うから今のままでしばらくはいきたいです。「全部やめて専念」はもう少し後でも十分間に合うと思いますから…。

って事で、今は色々な部活に仮入部しています。某競技と両立できればと思いますがどうなのかなあ。バドミントン部は母も見学してみましたので、また感想はそのうちアップします。

category: 日常

tb: 0   cm: 6

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop