あらふぉーばど日記 ホーム »試合・練習会
カテゴリー「試合・練習会」の記事一覧

また試合に出てみました  

大変ご無沙汰しています。暑い夏、サイコーーーーーデス!!!

でも体育館は5月頃から冷房がガンガン入り、風が強過ぎてバドミントンにならない(皆同じと言えば同じなんですが、私のホーム体育館はちょっと酷すぎるんです。シャトルが30cm流れるほどの風が吹き、コートの位置やコート内の位置によって全く風が違います。冷房効き過ぎで売っているシャトルと番手が合いません)からつまらないし、何より寒過ぎる!私は夏こそ長袖長ズボンホットドリンクです。

暑過ぎるから冷房を全く効かせないのはヤバいけれど、でも多少は暑い位にしておかないと暑熱馴化ができず増々熱中症になりやすくなってしまいます…。う〜ん、これどうしたら良いのかな〜…。

ちなみに私はこの夏まだエアコンを使わずにいます。ランニングも10kmまでなら最初に給水しておけば途中で給水なしでも走れます(って、これはのろいからか…)。やっぱり夏には異常に強いもよう。

某競技ナショナルコーチの旦那(熱中症になりやすい体質)には「ママはバドミントンと引き換えにサイボーグになったんだから、他の人と一緒にやる時には注意しないとダメだよ、ママには誰もついていけないよ」と厳しく言われています。わかってまーす!まだ残暑が厳しいですから皆さんお気をつけ下さいね。健康で楽しいバドライフを!


ところでまたまたまた試合に誘われて出てみました。寄せ集め(無所属の人ばかり)で出てみようという感じで、先日優勝した試合のパートナーの方がリーダーとなって人を集めてくれたのです。メンバーは超ヤング(20代)、ヤング(20代後半)、ちょいヤング(30代)を中心に、あとは私含めアラフォーフィフ。頼むよヤング(笑)。私は平均年齢を下げるからな…ww

市町村の大会だからそんなにレベル高くないかな〜と思ったら、1部はオープンでした、私んとこ…(汗)。お陰様で近隣都道府県の代表はきちゃうし、大学生もいるし、ショップの店員さんもいるし、楽しみ!←身の程知らず

同じ箱には高校生(背面が都道府県インターハイ常連校)とレディースのチームが一緒でした。レディースのチームは実力的には2部程度?その高校生は強くない!?学生さんは力のほどが全くわかりません。ヤングだから疲れないし速いとは思うけど。
前のチームではやる前からこんな箱に入ったら勝てるわけないよね、高校生大学生は無理だよね、どよ〜ん…みたいな感じでしたが、今回のチームはそういう雰囲気ではなく「箱抜けてあのチームとやるぞ!」と非常に身の程知らず前向き揃いで楽しいです。ということで、目標は箱を抜け、隣県都道府県代表を集めたチームと戦うこと。まずは箱を抜けないと話になりません。

1試合目はレディースチーム。ここには危なげなく3-0で勝つ…つもりが、クリアークリアーばっかりのレディースの球回しに面食らい球が浅くなった所を決められるパターンで3番手の2ダブが負けてしまいます。いや〜結局2-1で、他2つが危なげなかったから良かったけどビックリした…。普段男子とばかりやっていると、ひたすらクリアーばかりで回されるのもリズムが違って嫌なものです。打ってこないからこっちも疲れるし、煽られた時に踏ん張って高く返せないとなかなかキツい。

2試合目、つよそーな高校生…でもペアの2人にかなり力の差があります。ラリー力もまあまああるけどそんなでもない。あれ?思ったほどじゃないのかな。その背面はプレッシャー掛けるのに着てきたのか!?2人で1人をチャンネルアタックしたら、上手い方の子が球が来ないのとパートナーがエラーばかりなのにぶちキレてきました。こうなっちゃうともうどうしようもない…なんだかかわいそうだなと思いつつ、容赦なく勝負をかけて勝ち。ここには3-0で勝って決勝トーナメントに進みました。

さあ決勝トーナメント!相手は隣県代表が3人、私達と同じ県代表が3人!どんなプレーをしてくるのか楽しみ!

1ダブ、うちの1番手(超ヤング&ヤング)と向こうの1番手(同じく超ヤング&ヤング)がガチで対決。激しいラリーを展開しています。隣で私達は向こうの3番手(ヤング&ヤング)と対決。途中で隣の得点板をみたら0-6で離されています。う〜ん、相手強いから厳しいか!?でも私達が3番手をつぶさないとお話になりません。私はパートナーのちょいヤングに打たせる作戦にしようと思い、彼女には「好きなようにやって」と言い気持ちよく打ってもらいます。その分リスクはあるので、配球とカバーに集中。相手はコンビネーションはちょっと甘そうだからセンター中心で配球、寄ってきたらサイド。パートナーもよく打ってくれたんです。1ゲームを取りインターバルにリーダーが来て一言。

「むこう1ゲーム取ったよ」

翻訳すると「お前ら死んでも勝て、負けたらシバく」ww

これは!うちの1ダブすごい、あの相手によく取った!コレは私達が負けてはならん!パートナーに「このゲーム、1ゲーム目と同じように取れるよ、丁寧にラリーしていこう、でも思い切って打っていいからね」と伝え、これまたよくもまあ打ちまくってくれたお陰で競り勝ち、1ダブも勝ってくれたので2-0で3ダブに回さずに勝ってしまいました。

いや〜頑張ると良い事がある

思わず決勝に進みました。相手はまたしても隣県の…代表4人、ヤングばかり。しかも…1人恐ろしく強い有名人がいるぞ、なんだ!?その人と…当たりたいような当たりたくないような!?

うちのオーダーは考えた末にペアは同じで真ん中に3番手を挟んで1番手(超ヤング&ヤング)、2番手(ちょいヤング&私)。相手は1番手(恐ろしく強い人入り)、3番手、2番手。

1ダブ、うちの1ダブが超〜〜〜〜〜踏ん張り…なんと勝ちます!こりゃすごすぎる!!すげ〜〜〜〜!!超ヤングもさることながら、ヤングはあまり試合に出ない子なのに試合に出ると「久しぶり過ぎて脚がフラフラ、ガクガクしてる」とか良いながらすっげ〜頑張るんです。そしてスマッシュがめっちゃ重くて伸びがある。ヘッドヘビーのラケットから柔らかくやや遅れた打点で伸びるような球が出てくるので取りにくいのです。FBからのスマッシュとは質が違います(汗)

2ダブは力の差があり負けてしまいます。でもよく頑張って競る事ができました。最後までよく頑張った!

3ダブ、私達はさっきと同じ作戦を取ろうと思いますが相手がとにかくレシーブを大きく大きく左右に振ってくるのです。クリアーも何度か振ってからスマッシュを打ってくる。回しながらチャンスを伺う典型的女子っぽいラリーです。私はその中でもできれば(疲れるからw)ドロップカットやスマッシュを適宜入れつつリズムも変えながら崩して肝心な所で決めたい、仕掛けは先手を打ちたいタイプ、パートナーは打つ!打つ!って感じ。

で、こちらから仕掛けても全てロングリターンしてくるので前でフィニッシュできるような球がなかなか来ない。ドリブンなどで後ろを突くとパートナーが遅れて開いてそこにクリアーを入れられ甘い球が上がってしまいます。ロングリターンを繰り返され我慢できずに何かしたくなって(笑)強引に行ったり苦しくてエラーするか甘いスマッシュがいってしまうか…。

このオーダー出したのは3まで回せば最後決勝で全員出られる!と思ったからですが、2-0で勝ちを目指して私とリーダーで組んだ方が相手との相性が良かったかもしれないなあと思いました。う〜〜〜〜ん、失敗。私とリーダーだと同じ事をラリーの中で狙っている感じがして、更にリーダーの前への意識と逃げが素晴らしいんです。だから私の速い球回しにもついて来てやりやすい。試合の中で同じ局面を狙っていないとなかなかラリーがダブルスのラリーとして展開できないですね…どうしたら良かったのか、めちゃくちゃ反省しています。


しかし、終わってみれば目標以上の準優勝。驚きました、箱抜けが目標だったのに。
寄せ集めのメンバーだったけれど、試合に入ってもみんなが前向きで積極的で楽しかったのは本当に良かった!「私は私なりに頑張ったから」とか言い訳する人もいない、その場だけ泣いてごまかす人もいない、試合中に腐る人もいない、狙われたってチャレンジングに頑張れる。自分が普通だと思うことを同じように普通だと受け止めてくれる。いや、思わなかったとしても試合の中での考えや目標は同じ。

実力は関係なく、そういう人と試合に出るとやっぱり楽しい!

いやあ〜〜〜楽しかったなあ〜〜〜!そして結構勝ててるのもやっぱり楽しい私のお陰じゃないけどww

次は苦手なラリーを作られた時の対応や、ラリーイメージの違うパートナーとのコンビネーションをちょっと考えてみたいと思います。チームを抜けたのでいつも一緒にいる訳じゃない人と試合に出る事が多くなると思うので…また楽しみが増えました。

誘ってくれてありがとうございます!頑張るじょ〜!
スポンサーサイト

category: 試合・練習会

tb: 0   cm: 1

超ハンデ戦に出てみた(後編)  

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

category: 試合・練習会

tb: --   cm: --

超ハンデ戦に出てみた(前編)  

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

category: 試合・練習会

tb: --   cm: --

練習会にも…  

友人が紹介してくれた練習会に行ってきました。友人に「責任者の方は私の事知ってた?」って聞くと「知らないみたいだよ」と。でもレディースの方ばかり(友人は男性だけど)だったので、知り合いとまではいかないけど向こうは私の事を絶対に知ってる!と思いつつ出向きました。

すると案の定「あれ?みゃーこさんですよね!?久しぶりじゃないですか〜〜〜!!」ホラやっぱり知ってただろ…。私はな〜目立つんだよこのビジュアルで(笑)。

周りが知っている人ばかりなので一通り挨拶し、すんなり馴染めてラッキーでした。

さて、ゲーム練習ではその中で一番強いペアとゲームに入れました!私のパートナーは友人の男性です。

ところが友人は男性だからやりにくいのか、とにかくクリアーあげたり、ハーフにすっごいリフトするような球を出してばかりなんです。あげくバックアウトとか後ろから飛び込まれて決められるとか。全然球を沈めてくれないのです。球が全部ポヨンポヨンしてる。カットすら打たない。ヘアピンは打つけど、わざわざ相手の目の前で勝負して、決まる時もあるけど打たれたりネットしたり。激スマッシュ打てとは言わないけど(でもこの相手なら打っても返すよ)、もう私はどうしたら良いのかわからず。ラリーの意味がわからない!
しかもサイドバイで私の前に入ってきて横取りする割に次の球が甘く(攻める横取りじゃない)、その後自分があけてしまったサイドが取れなくてエラーする。それは私の!!みたいな。私は横取りする時には攻めていけるアドバンテージがある時とパートナーが完全に遅れた時って決めてます(笑)、横取りして甘いロブっちゃないよ〜!シングルスやりたいなら1人でやってよ〜!

相手が女子だからってバカにしてんの!?でもそれじゃ負けるよ、相手の方が上手だよ!?って言ってやりたかった。実際負けたし…。
なめくさってチンタラやって、負けてもヘラヘラ、みたいな感じで相手にも私にも失礼じゃんか。真剣にやって負けたら格好悪いから?
女子相手に加減はしてもいい加減にやるな!嫌なら女子ばかりの練習会なんて来なきゃ良いのに、と。あんなプレーするのになんで来てるんだろう。途中からなんでそんなに上げるんだよ!って言いたかった…言えば良かった。
でも誘ってもらった手前、言い難くて(笑)。

そしてわかりました、パートナーが攻撃してくれないタイプだと私は全く使えなくなる事が(笑)。

なんだろう、前にシングルスプレーヤーの方と組んで試合に出たときにもすごく感じた事なんですけど、シングルスメインの方は球に触るタイミングがすごく遅かったりしますよね。前に出てパン!とプッシュを狙いに行く時にもう1テンポ待ってロビングにしちゃったり。全然トッパンになれない。
ラリーそのものは丁寧で我慢が得意なんだけど、それゆえいつまでたっても仕掛けないというか、私とは仕掛けるタイミングやアドバンテージを取ろうと思う場所が違うと言うか。ダブルスでもレディースの人はそんな感じ?

で、そういう人と組むと仕掛けた球に更に追い討ちをかけてくれないのでリセットされる場面が多くなり、そのうちどうしていいかわからなくなるんですよね。攻めていない訳ではないんだけど、これ相手が2人いるのにこの球出しでどこで崩れるんだろう…って。

私は早く触りにいってアドバンテージを取りたいのですが、せっかちすぎるのかな〜。まあ、せっかちだから我慢する練習にはなるかもしれないけど、やりたい事が違う2人ではペアの力が半減するなあと思いました。

女性の中級者(市民大会2部レベル?)の方と組んでゲームもしたけれど、その方との方がよっぽどやりやすかったですね。次に何をするかわかりやすくて前でも後ろでも読みやすかったです。

ダブルスって難しいですね〜。ホント、1+1なのに0.5になったり3にも4にもなったり。そこがまた面白いんだけど…。

category: 試合・練習会

tb: 0   cm: 0

じつは…試合に…  

クラブを離れ、しかも今年はリハビリだから試合は出ないだろうなと思っていた私。
ところが、何を間違ったのか練習仲間が「団体戦に出ましょうよ〜〜」と。

ムリムリ!!試合なんて去年ろくに練習もしてないし、しかもオープン戦一般2部なんでしょ!?ム〜リ〜!!

誘ってくれた子はナウなヤング(死語)です。だから壮年の部には出られないのです。相手も当然ヤング
なぜだ…そんなヤングとの試合になぜ私を、しかも自分のパートナーとして誘うのだ…。

「いや〜無理じゃない?そんなに練習してないしさ…もっと若い子探しなよ〜」
「じゃあみゃーこさんとりあえず名前書いて良いですか」聞いてる!?

その後も彼女のメールやラインでの猛烈アタック。

「ところで団体戦ですが○日までに返事もらえますか」
「大丈夫大丈夫、是非お願いします」

え〜〜〜〜そんなに言われたら〜〜〜〜(←実は意外にもめっぽう押しに弱い

わかったよ〜〜、出るよ、出るからには頑張るよ!!
でも他にもし誰か出られる人がいたら、私が一番年上だから私からまずメンチェンして!

という条件で出る事になりました。ん〜〜〜くそ〜〜〜、出るからには頑張る!!!くそ〜〜〜!!!


さて当日…2部とはいえオープン大会で一般の部、メンバー見たらま〜素晴らしい〜…清々しい〜〜(笑)。
あ〜全日本シニアチャンピオンばかりを擁するあのチームとは別の箱か、別で良かったような残念なような…。これだからオープン大会って怖〜(笑)。面白いけどね…。


初戦は某県でも上位の社会人チーム。私達の相手はその中でも一番手が入ったペアです。某大学体育会出身で、某実業団出身の子ですが何か?でもパートナーは私と同年代、これはチャンスはそこだ、頑張らねば!

試合が始まるとお互い弱点の探り合い、若い子のフォローが素晴らしく、シーソーゲームだったけれど1ゲーム目をロストしてしまいます。でも2ゲーム目からは少し慣れてきたのもあり、こちらの攻撃パターンが上手くいき、上手くファイナルに持ち込みます。3ゲーム目、お互い1点ずつ取り合う展開でしたが、終盤17オールからこちらが2本続けてエラーし、そのまま19-21と持っていかれてしまいました。悔しかったぞコンチクショー!チームも結局1-2で負けてしまいました。私達は取れる可能性十分だったのに悔しい!

2試合目、大学生の混成チーム。近郊のオープン大会を結構勝ってます、チーム名聞いた事あります。ヤングだのぅ…。感じとしては強豪大学の体育会には入れないレベルか、そんなに強くない大学の体育会レベル。私達はその中では2番手(たぶん)に当たりました。最初は打ってくる球に驚いたけれど、最初我慢してラリーし、相手を少しでも動かせば打たれてもレシーブがちゃんと返せるレベルだし、嫌そうな場所に狙って打てばちゃんと効くということがわかったので我慢してラリーです。前に関東3部の現役大学生と試合した時にはラリーさえ出来れば何とかできるけど打たれまくるからすごくキビシかったんですが、そこまででは全然なくてちゃんと勝負できる感じ。体力的にも大丈夫(私は…パートナーも若いから大丈夫…たぶん)。

しかし、ラリーの要所要所でジワジワと少しずつ押され始めるとなかなかイーブンに戻せません。十分追いついてる、と思ったけれど、なかなかキビシい、スマッシュもよく伸びる良いスマッシュ打ってくるしかわすのが精一杯。
それでも何とかラリー粘りましたが、16本、15本で持っていかれてしまいました。

くっそ〜〜〜〜悔しい〜〜〜〜!!でも…スピードがあって超面白い〜〜〜〜〜〜!!!

こちらもチームは0-3と全部負けてしまったのですが、またバドミントンをフツーにやれる環境に戻り、練習不足ながら自分が想像していた以上にやれたのは本当に楽しくて、また頑張れろう、まだまだやれる!!って自信にもなりました。ヤングに勝ちたかったぜ〜まじで〜!今度はリベンジする!

大会ではシニアチャンプを複数擁するチームも2部の箱で負け、結局1部2部とも大学生チームが勝ち上がりました。ヤングっていいね〜〜〜、オバさんはヤングの時期にまともにバドミントンやれなかったから、羨ましいぞ、眩しいぞ!

「みゃーこさんは手のケガも、去年1年練習してなかったのも、相手が若くてもな〜んにも問題ない!だってスーパーサイヤ人がサイヤ人になっただけで、そのうちまたスーパーサイヤ人になるんだから〜!」

って誘ってくれたヤングは言ってくれますが、さすがにスーパーサイヤ人にならないと勝負できない相手もいるので、そこを目標にまた頑張ります。


それにしても…超久々の試合、本当に楽しかったな〜〜〜!!

余計な事を考えず、楽しめるようになったのがチームを離れたからだなんて皮肉なものです。
上を一緒に目指すチームではないからこそかもしれませんが、団体戦って本当に楽しいですね!

楽しい。

原点を忘れちゃいけない、って思いました。
そしてやっぱり、楽しめなくなっていた私はチームを離れて良かったと思いました。

誘ってくれたヤングに本当に心から感謝、お礼を言いました。

「他の若い子と出れば勝てただろうに、こんな練習不足の私を誘ってくれてありがとう。お陰で試合の楽しさを思い出したし、本当に面白くてエキサイティングで出られて良かったです。一般の部で良かったです、また来年も一般の部に出ましょう〜メンバー足りなかったら誘って下さい!」

えっ!?来年も一般の部!?

どうかしてるぜ私〜!
旦那には「やっぱりママってヘンタイだよね〜ヘンタイバドミントンクラブを作ったら良いのに〜」って。とうとう旦那にまでヘンタイ認定されました。

category: 試合・練習会

tb: 0   cm: 0

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop