あらふぉーばど日記 ホーム »手のケガ
カテゴリー「手のケガ」の記事一覧

卒業しました  

家から新幹線の距離にある病院に久々に経過観察に行きました。数ヶ月毎にまだ経過観察に通っていたのです、実は。

診察が終わり一通り手の状態を見た主治医が「うん…右手の指の力は左手の半分くらいだね。前回とほとんど変わっていないから…もうこの位かな」と。卒業を言い渡されたという事は裏を返せばもう私の手は今の状態が限界だろうという事を意味します。前回の診察から指の筋力や可動域はほとんど変化がありません。自分でも回復がプラトーになったのは感じていました。

両手を並べ、思い切り開いた状態(右手は人差し指〜薬指はほとんど力が入らないので開かない)で写真を撮って結果を残して、リハビリでも筋力や動きの検査をして、初診日に書いた痛みと動きのアンケートを3種類もまた書いて。また何か困った事があったら遠慮なく来てと優しい主治医が言ってくれました。

先日ガラスでパックリ切って縫った小指の脇も診てもらって一安心。先生に「また神経まずいよね、今度は感覚がなくなっちゃうから気をつけてね」と笑われちゃった(笑)。笑い事じゃないな。
OTさんには「手の動きは弱いけれどみゃーこさんは上手く使っているし、まだ年単位でちょ〜っとずつ回復する傾向もある感じだから諦めずに頑張ってください」と言われました。

骨折の手術だったはずが手が自由に動かせなくなり、おかしいと思い訴えたのに全く相手にされず、転院先を自分で決めて紹介してもらい再手術。問題なかった神経を誤って切られていて自家神経移植・縫合手術から3年2ヶ月。

よくここまで治ったと思います。元の7割まで回復すれば御の字と言われ、年齢を考えたら今の状態は本当に上出来。やっぱり縫うのが上手な先生にやってもらうべきですね。私の主治医は絶対にオススメです。

最後に質問紙に答えていると「ああこれもできないな」「そういえばあれもできないな」とできない事が結構あるのに驚かされます。でも、元来どうにもならない事は気にしない性格なのか聞かれないとわからない=普段それで悲観的になる事はないですし、日常生活でそこまで困っていない事、バドミントンができている事に感謝しています。

そうできるのは治してくれた今の主治医や親身になってくれた病院スタッフや周りで支えてくれた人のお陰です。本当にありがたいことです。やれているだけでありがたい。

これからこの手と一生付き合うから、覚悟を決めて気持ちも新たに頑張ります。


と言うほど本人は深刻じゃありません。慣れたし~(笑)。


それに…指の筋力、今たぶんまだ健側の半分くらいなんだけど、その半分が普通の女性と同じくらいなんだって。親指と人差し指でつまむ力は女性は3kg出たらかなりすごいらしいのですが、私は左で6kg、右が3kg…。麻痺して普通。先生ビックリ。握力も35kgまで回復したし、うん、私大丈夫!

よ~し、スッキリ!晴れ晴れとした気分です。辛くて悩んだし失ったものもたくさんあったけれど、得たものの方が多かったと思う!!本当に不運だったけれど不幸じゃなかった。

今年はリスタートの年、頑張るぞ~!

助けてくれてみんなありがとう!
スポンサーサイト

category: 手のケガ

tb: 0   cm: 0

手の回復具合…  

手の回復具合も写真アップしておこうと思いました。

健側(左)のパー(最大に力を入れて開く)

患側(右)のパー(最大に力を入れて開く)

右と左で全然違います。って言うか私、手がけっこう開きます(指も反ります)。右手の甲の筋肉、指と指の間が落ちてしまっているのがわかります。特に親指と人差し指の間はペタンコで水かきのようです。左手はボコっとふくらんでいますけどね。でもこれでもきっと随分マシになっているんです。

健側(左)のえんがちょ(笑)

患側(右)のえんがちょ

指を開閉する筋力が衰えるので「えんがちょ(知ってる!?バリヤーwwとかと一緒)」ができません。でもこれでも結構指が動いている方なんです。小学生諸君、今なら私にバイ菌くっつけ放題だぞww

健側(左)で示指と親指を上にあげるように開く

患側(右)で示指と親指を上にあげるように開く

右手は力を抜いているのではありません、精一杯「指を上にあげよう」としています。これがなかなか難しく、力が入らず他の指も閉じておくことができないので開いてしまいます。


写真はちょっとわかりにくいですが、動かす様子を動画で撮ると「術後10ヶ月でまだこんなに動かないの!?」ときっと驚かれます。でも要は「回復傾向が少しでもあるかどうか」が大事みたいです。一応、ほんのわずかずつですが、普通の人なら見逃す位に進歩しています。私自身、動き始めた事にしばらく気づかなかったくらいです。

バドは…親指と人差し指以外で握る力のみで何とかやってます…(汗)。オールドプレイヤーだからこそできるのかも。今の子達のように親指と人差し指主体のグリップしか習っていなかったらできなかったかもしれないですよね。人間何が幸いするかわからないものです。


ただ昨日、ジョギングの後に手が冷えたのか右手薬指だけが痺れてきたかと思ったら真っ白になって動きにくくなり本当にビックリしたんです。指が爪まで真っ白、蝋でできているみたいに白くて怖かったです。レイノー現象といって、何らかの原因で毛細血管が収縮してしまい血流不良となるそうで、私の手では全然暖まらないため下の子に「この指握って〜〜〜〜〜〜〜!」と泣きついて暖めてもらったら治りました。でもビックリしました、指取れちゃうのかと思った。

薬指がなかったらカタギじゃないと思われるバドできないじゃないですか…。

良くなってきているとはいえ、やはり神経が効いていない証拠ですよね。そしてやっぱり普通じゃないんですね…。いたわってあげなくちゃ。手袋、2枚重ねで中にミニホッカイロでも入れて走るのか!?

category: 手のケガ

tb: 0   cm: 7

書いてなかった  

私、2月に1回も記事を書いてなかったんですね(汗)。
ってことで、備忘録を兼ねて手の通院記録も書いておきたいと思います。

11月に通院し、その後すぐに前回記事(http://around40bad.blog101.fc2.com/blog-entry-535.html)のような回復兆候に気が付きました。2月に通院した時に「水が掬えるようになりました!」と先生に報告すると「おお、良かったね」って←ニコニコ喜んでいるけれど割と冷静

手の筋肉の張りも出てきていて、まだ私自身はあまりよくわからないけれど先生もOTさんも「筋力が出てきてますよ」と言ってくれました。例え自覚はなくても、少しでも良くなっていると言う事。嬉しいですね。指はほとんど動かないけどね


リハビリをやっていきましょう、との事で

1)指を伸ばし手のひらをしっかりテーブルに付ける(浮かせない)ようにして指を1本ずつ開く&閉じる
 *できる限り第二関節を曲げない=曲げる筋肉と腱の力で代償しないように
 *親指の動きは良いので、反対側の指で少しだけ抵抗をかけてあげるとやりやすい
 *指を可動域いっぱいまで動かしてやるとその反動で指が動くが、反動を利用した方が動かすきっかけとなる
  (まだ筋力が弱すぎるので反動を利用した方が良い)

2)手のひらを上にしてテーブルに置き、指の根本(MP関節)を浮かせないように指を伸ばす
 
3)伸ばした指を保持したまま掌側から反対側の指で少し抵抗をかけても指がまがらないようにする

これらを各10回3〜6セット。最大でも10回6セット。最大だからね、たくさんやっちゃダメ!!!どんだけ念押しされてんのww

神経が効いていない筋肉は非常に疲れやすいです。疲れ過ぎると回復の妨げになってしまいますのでやり過ぎ厳禁。やりたくても我慢ですよ!!そこのアナタ!!私の事です!!術後は麻酔から覚め切らないうちに勝手に飲み食いすると疑われ、術後検診では非常識と言われ、リハビリでは絶対やり過ぎるからと釘をさされ、

信用ねぇ〜〜〜なさ過ぎる〜〜〜!


んで、その後にまた気が付いたんですけれど「指パッチン」が少しできるようになったんですよ!まだ良い音はでないけれど、中指だったら結構力が入っています!!ああ〜〜〜もう一生ポール牧(古)のモノマネはできないのかと思っていましたよ(してなかったけど)!

更に、ファスナー付きの袋(ジップ○ックとか)のファスナー部分に粉などが噛んでしまった時に「デコピン」動作で粉を落としたりしませんか?これ、ま〜〜〜〜〜〜〜〜ったくできなかったんです。でも…ほんの少しだけ、まだはじくほどは力が入りませんが、親指に人差し指or中指を引っかけて前に押し出すような動きが少〜しできるように。

前の手術で神経を切られてから1年2ヶ月、神経を繋いでから10ヶ月でやっとここまで…。本当に長いですね。まだ筋力が著しく低く、練習後やキーボード操作をした後には手が冷たくこわばった感じ(きっと手が疲れている)がして動きが悪いです。

次回の通院では術後1年の検査をします。神経の伝導検査…術前は誘発筋電図で全く波形が出なかった(神経が繋がっていなかったので当然)のですが、少しでも波形が出ますように。
ただ低周波治療器で電流を流した時にわずかながらに「ピクッ」と動くようになったんですよね。という事は、繋がってくれたのではと考えています。

手がこわばったり冷たくなったりするとやっぱり不安になります。大丈夫なのかなあ…って、もうこれで限界かなあって…。でも考えてどうなるものでもありませんよね。もうできる事は全てやり尽くしたんだから。今は…手が少しだけでも動き、回復している事に感謝。バドミントンをなくさずに済んだ事に感謝、周りの人があたたかく支えてくれている事に感謝。

category: 手のケガ

tb: 0   cm: 2

もしかして…???  

神経の移植縫合手術からちょうど半年経ちました。1日1〜3mm、神経移植した場合はその半分、年齢を考えたらもっと遅い…縫合部位から親指まで10cm、1日0.5mmとしても200日。気が遠くなります。

感覚神経だと治ってきている部位が「ピリピリする」など症状があるので、どこまで治ったかの目安になります。しかし私が切ったのは運動神経なので「動く」事だけでしか治ってきたかどうか判断ができません。一応「神経伝導速度検査」という、術前にやった検査でわかるのですが、今はまだその検査をしても動きが弱過ぎて検出できないだろうと言われています。もうホント、どうなってるんだかサッパリわからないのです。

尺骨神経が麻痺すると手の指の動きの中で「しっかり伸ばす」「開閉する」「力を入れてつまむ(親指と人差し指)」などができなくなります。特に小指と薬指に顕著で、小指を薬指にくっつけられず開いてしまうため、顔を洗う時に水が掬えないなどの症状が出てきます。

私も典型的で、顔を洗う時に水が掬えませんでした。両手を揃え、左手で右手の小指を押して水が漏れないように手をまあるくして水を溜めていました。それでも水が漏れちゃって、情けなかったものです。

ところが…さいきんふと気が付いたんです。


水、掬えてるかも…???


左手で右手の小指を押さなくても指を揃えて手がまあるくできる…???

もちろん指をピーンと伸ばした状態ではまだ全然無理ですし、その状態で動かす事は全くできません。でも、ほんの少しですが回復傾向が見られてきたのでは…??
正直、感動しました。神経伸びてるんだ…頑張ってるんだニョキニョキと…!!


6/22の手
DSC_0045.jpg

11/27の手
DSC_0378.jpg


ね、下の画像は小指が付いてるでしょ?まだ指は全然伸ばせないですけどね、水は漏れません!

今後、どんどん良くなるとは限りません。もしかしたらこれで限界かもしれません。一度萎縮した筋が元に戻る事は非常に難しいと言われていますから。それでも嬉しいです。少しだけ希望が見えてきたのかも。

ありがとう、つないでくれたO先生!!そして支えてくれた全ての人に本当に感謝しています。まだまだ頑張ります。

category: 手のケガ

tb: 0   cm: 7

そろそろ…  

広告がでそうなので更新します(笑)。最近はFBを更新しているのでこちらはなかなか放置気味。というか、長くキーボードを打つと手がやっぱりちょっと心配。

さて、手は術後8週が経ち、傷はもうすっかり手相になりました。本当にキレイです。前の手術もキレイでしたが、今回は比べ物にならない程にキレイです。また傷の周りが柔らかいのです。前はカチカチだったので、そこは全然違います。

↓超長くなった頭脳線をご覧下さい(笑)

DSC_0061.jpg


でも…まだまだ指は動きません。本当に動くようになるのでしょうか。全くわかりません。動き出すのに半年はかかると言われているけれど、2ヶ月経っても変わりないと怖いですね。

バドミントンはやっています。痛みも随分少なくなり、スマッシュもロビングもしょぼいけれどまあ我慢できる範囲内の程度で打てます。バックハンドはダメですね、全然ダメ。面を合わせて当てる、リストを立てないまま腕で振るだけ。だからレシーブがホントにショボイ。しょぼ過ぎる…。


ブログ巡りをしていたら私と同じくバドミントンプレイヤーで尺骨神経麻痺の手術をした方がいらっしゃいました。その方は肘から来た症状だったので私とは障害部位も症状も違いますが、2年経ってやっと指を使ったグリップを試せるようになったらしいです。2年か…完全に切れていて移植・縫合した私ではもっと時間もかかるし、そこまで治るか未知数ですが、それでも一流プレイヤーで頑張っている方がいらっしゃるのは励みになります。

諦めないで頑張れるかなあ…。でもバックハンドのショボさはホントに凹みます。

category: 手のケガ

tb: 0   cm: 8

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop