あらふぉーばど日記 ホーム »2010年10月
2010年10月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

もう一つ試合  

さてさて。子どもの試合、私の試合×2つに続いて旦那の試合です。旦那は自分ではなくコーチをしている学生さん達のインカレに行ったのでした。バドじゃないですよ~

今回、旦那は「日本一を本気で狙う」と言って、学生と一緒に(ご老体なのに)通常の練習に朝練と自主練とトレーニングを加えて厳しくやってきました。日本一を狙うのです。他の大学だって厳しい練習をしています。こちらはどの大学よりも厳しい練習を積むつもりでなければ勝てません。

それまでは多少強い時もあったけれど、選手がいわば「他の強い大学の出がらし」みたいな意識で入ってくるので練習もなあなあ、自分達はどうせできないんだみたいな気持ちが学生にあったそうです。でも旦那は「そんな事ないんだけどな」といつも言っていました。自信がないだけ、皆いい所がたくさんあるし勝てる素材なのに…と。

コーチになって5年目の今年はチームとして形ができてきたので、なんとしても勝ちたかった、そして自信を付けさせたかったようです。選手もよく付いてきました。直前での練習試合では、今までインカレで何度も優勝し、今年も優勝候補と言われる大学をボコボコにしていました。やればできる、自信がだんだん出てきたみたい…。

そう、自分達はあんなに苦しい練習を頑張って頑張って、できる事は全部やった。後は天命を待つのみ。そう言えるだけの事ができているかどうかですね。強豪を順調に倒し、ベスト16・ベスト8と上がってきました。いよいよ優勝杯が見えてきました。そして強豪を下しついにベスト4。次は優勝候補との対戦です。

しかし優勝候補の筆頭は強かった!残念ながら準決勝で敗退。3位でした。旦那は悔しくて悔しくて泣きそうだったそうです。学生も本人も頑張ったもんね…私も毎日5時起き(朝練の前にご飯食べさせないといけないから)で頑張ったし(汗)。

ベスト16と8、8と4、4と2、そして準優勝と優勝。その間は紙一重に見えてとっても厚い壁があるのです。

頑張ったのに。頑張っても手に入らなかった。
でも、それも良い財産となったではないですか。そうそう上手くいかないものです。だって皆頑張っているんだもの…。必ず手に入るかどうかわからない、だから自分のできる事は全てやり尽くし天命を待つ。そして勝って、負ける。それがスポーツの醍醐味ではないですか。

ふにゃふにゃの出がらしみたいな気持ちだった学生達も随分変わったそうです。負けちゃったけど、何もやらないままの自分だったらどうだったでしょう。今頃そんな気持ち持てなかったんじゃないかな。それだけで頑張ったかいがあると言うもの。

4年生はこれで学生としての試合は最後ですが、これからは社会にコートを移しての勝負になります。
頑張って3位になった。その痛みと誇りを胸に羽ばたいて欲しいです。できれば競技はやめないで、細々とでも続けて欲しいな。
学生さんとはそんなに年が離れていない(と思いたい)ですが、まるで自分の子どものような気持ちです。
若いっていいですね。今度うちにご飯食べにおいでね(優勝盾見せてあげるから←非人道的な真似はやめましょう)。


スポンサーサイト

category: 日常

tb: 0   cm: 2

市民大会~~♪  

そして市民大会も見てきました。私達は連戦になるので今回は出ません。私は既に1部なので出なくてもランク自体は変わりません。でもMちゃんはまだ2部なので、本当は出られると一番良いんですよね。膝の調子が悪くなければ出ていたかもしれませんが、ここで怪我を酷くしては本末転倒なのでお休みするよう部長さんに言われました。焦らなくても試合はたくさんありますからね、長くバドる為には何よりも体を大切に(ご老体なんですから…汗)。

うちのチームからは4ペアが出ました。入ったばかりの新人さん達も初心者の部で出場です。頑張りましたが…残念ながら予選突破はなりませんでした。まだ基本的なストロークができておらず、公園バドミントンの延長とも言える「ひたすら(同じペースでお互いの所に)打ち合う」部分をまだ脱していないですね。でもバド歴12年の私がこの体たらくだと言うのにそんなに早く上達されては男がすたる困りますよ!

3部と2部に出たペアは3部決勝、2部準決勝まで進出。しかしこれまた両方とも負けてしまいました。勝てる力は充分あったと思います。でも「勝てる力がある」のと「試合に勝てる」のは違うというのを改めて実感しました。力があっても出せなければどうしようもないのです。あと1歩なんだけどな。途中で守りに入ってしまったり、レシーブがどうしても甘くなって守りきれず攻めもできない状態になったり。2ペアとも打たれて攻めきられたので、レシーブ力をもっと上げると同時に攻撃力も高めていかないとどうしても防戦一方、後手後手に回ってしまいます。レシーブをしていたとしても攻める(常に隙あらば攻めるくらいの)気持ちを持っていなければ…。

みんなあと一息!そこを何とか埋めてあげたいです。練習でちょっと提案してみようかなあと思いました。


category: 試合・練習会

tb: 0   cm: 0

試合に行ってきました  

私が住んでいる周辺の市町村全体大会がありました。この大会は周辺の市町村からたくさんのチームが集まります。年に1回しかないランク戦(ベスト8以上が上位ランク昇格)、これを目指して皆が練習を重ねてきます。私とMちゃんペアは初参戦なのでBランクからの出陣。「Aから出なよ、人でなし!」と言われながらも、うちの部長さんの「下から順々に上がっていった方が良い」との判断です。確かに市内のランクはAだけど、地域全体のレベルが全然わからないので一理あるかな。まだ顔も全然知られていないし…。

組み合わせを見ると中シードのパックからスタートです。開場時間の1時間以上前に着いてしまい…寒い!!!私はただでさえ寒がりで、手が冷たくなってしまいます。何とか暖めねば…とセブンイレブンへ(笑)。
しかしばかでかいラケバをしょって邪魔な私達、ずっとその場にいる訳にもいかず退散。仕方がないので入り口ドアーの前に荷物を置いてひたすらウォーキング…歩く歩く…。お陰ですっかり暖かくなりました。

会場に入ると羽根の見え方が普段と全く違い、エンドで見やすさにかなりの差がありました。見にくい方は自分が貧血になったかと思うような暗さ。距離感が全くつかめません。私の場合は最初にできる限り見やすい方を取り先手を取りたい。ジャンケンを頑張らねば!あと決勝まで6試合の長丁場、ファイナルをしてしまったら後がキツい。絶対にストレート勝ちしたい所です。

1回戦、初戦で固くなる私達。フレームショットやお見合いなどのつまらんミスを連発し競ってしまいます。でも1ゲーム目を17-21で取ると2ゲーム目は10-21でした。個人的にはこの初戦が一番辛かった。しかも手が冷たすぎなんですよ!かじかんでラケットワークが全くできません。いやはやビビりました。

2回戦はシードペアですが楽に取れました。しかし!ここでアクシデントが(笑)後ろに下がろうとした時にシューズの底がひっかかり転びそうになり、そのまま転ぶと右足にモロ乗って絶対に捻挫か骨折!と思ったので仕方なく
尻から転びました。痛いのなんのって…。でもそんな事は言っていられないんですよ、まだラリーが続いているから!
転んでいた私の方に弱々しいプッシュが。転んだままレシーブし素早く起き上がり、あっけにとられるMちゃんに「まだまだ!次だよ!」と声をかけ、何とかそのラリーを取りました。相手は転んでいる人にモロプッシュは非人道的だと思ったのだろうか、それとももう軽いプッシュでも決まると思ったのか…。私だったら…思いっきり打ち込むかも…いややっぱりそれはあんまりだからできないかなぁ(汗)。

3回戦、所属の市では1部で活躍している人が下のランクの人と組んでその人のランクを上げる為に出てきています。ここの市のペアとは前にも対戦しましたが、手首の使い方が非常に特徴的で、インパクトが非常に小さく流すように打ってくるのでギリギリまで見ていないと球が来る方向がわかりません。その市ではそういう打ち方を指導するのでしょうか。ただこのペアは球の威力がそれ程でもなく、浮き気味で入ってきたのでよく見てから動けば全く問題ありません。こちらはエラーをしないようにいくだけ。

4回戦、3回戦と同様1部の人と下の人。でも2人の実力差があまりにも大きく、ここまでよく勝ち上がってきたと感心します。上手な人が後ろで球を回し、下の人は上背があるのでネットに付いて甘いドロップを張っています。このパターンにハマってしまうとダメなんでしょうね。おそらく一番楽な試合でした。

準決勝、ベテラン中のベテランペアです。年上の方が球回しが非常に上手い。クロスに流してくる球が、アウトになりそうでならないんです。Mちゃん、ノータッチで2本続けて同じ所に決められます。そして私も打っても打ってもとりあえずヘナチョコでも流して返してくるので段々嫌になりエラーが続きます。終わってみればこちらの地力があったので危なげない試合でしたが、精神的に非常に嫌な試合…こういうタイプのプレーが一番苦手な私達。

決勝、たぶん年下のペアです。体が大きくバカスカ打ってきますがエラーも多いです。スマッシュも拾うけどエラーが(ry似たようなタイプなのでやりやすいです。しかし…Mちゃんの脚と腰がそろそろ限界に。手っ取り早く終わらないと厳しくなります。

ところで。1種検定球でもY社とG社のシャトル、飛び方が全然違いますよね。今回は両方のシャトルが使われていて、球によって考える事が色々…。最初にどちらを使うか、とかね。
決勝はG社のシャトルだったんです。スマッシュが走らずなかなか決まりません。でもそれはY社のでも同じと言うか、高いレベルになると大抵スマッシュって拾われますから1発で決めようと思っても無理なんですよね。だから他の球との組み合わせで決めにいくのです。そういう意味では失速してアウトになりそうでならないG社のシャトルっていいかも(笑)なんて思ったのです。そうしたら段々バサバサになり益々失速するシャトル。そこで私はドロップとハーフ辺りへのチェックスマッシュ(レディース界ではドロップとスマッシュの中間という意味でドロッシュと言ったりします)を使う事にして、シャトルは変えない作戦に出ました。これが当たって相手は拾えないものだからどんどん前に出てきます。そこをMちゃんが良いクリアーで攻め、チャンスボールを決める。最後まで「シャトルを変える」という選択肢がなかったのが不思議ですが(私だったら絶対に変える)、気づかなかったから儲かっちゃいました

そんな訳で無事に優勝し、来年はAランクに堂々と乗り込むことができます。来年は上で優勝したい所ですね。頑張りますよ!

ところで。参考までにジャンケンの勝率。3勝3敗、私にしては非常に頑張りました。この前の団体戦では全部負けたからな…。


category: 試合・練習会

tb: 0   cm: 2

今日の練習10/26  

試合前最後の練習です。Mちゃんも来て、一般開放だけどペア練習ができました。

私はサービスリターンを沈める事、ネット前で球を沈める(ヘアピン)事を心がけてゲームに入りました。ヘアピンもだいぶうまくなったのか、かなりの効き目でノータッチor甘いロブで返してくれます。クロスネットを警戒していましたが、なかなか沈んでいたのでクロスネットは難しいようでした。ヤッタネ試合でもこの調子で球を沈めていきたいです。

いかんのはサービスでした。サービスのミスでも相手に点が入るのだから、イージーにミスってはいけませんよね。狙い過ぎてショートが多かったので、もっと入れていかなくては!!!

Mちゃんは足が痛いと言っていた割りによく動けていたと思います。スマッシュもキレてたし私がネット前で球を沈め、Mちゃんが甘いロブを決める方がやはり強いです。つかMちゃんヘアピン苦手なので、ネット前で球を沈める自信がなく勝負にいけないようです。でもドロップはめっちゃ拾えるので奥まできちんと上げてくれれば再度組み立て直せます。今からヘアピンを練習しても間に合わないし、できる事で勝負ですね。

さて、試合の組み合わせが発表されましたが、初めての試合で全くわかりません。わからないのも強みのうち(笑)。頑張ります。今日はガッツリゲームに入れたので、ストレッチを良くやって寝ます。


category: 練習日記

tb: 0   cm: 1

今日の練習10/25  

本日は初心者さんの練習に付き合いました

クリアー、スマッシュ、クリアー&スマッシュのノックとゲームです。
初~中級者さんもいましたが、皆に共通して言える事は「半身が甘い」事です。腰を入れろ等とよく言いますが、その前に半身になれていないので腰(股関節)を使えるはずがないのです。もちろん、いつも十分な体勢で打てるとは限らないので、正面を向いたままワンジャンプで打つような事も覚えておいた方がいいです。でも基本はやはり半身になる事!

足を引く段階で既に正面打ちが決まっちゃうんですよね。足が横になるように出さないと…。大げさに言えば背面が相手に見えるくらい。脊柱を軸にして、軸がぶれないように素早く足を横向きに引きます。左手をうまく使う事もポイントですね。左手が下がっていると体の回転を妨げます。あとは足をシザースで入れ替えて前に出るつもりでいると、自動的に足が出ちゃいます。足を横に出したり、後ろに体重が残っていると骨盤は回りません。骨盤を回していないから体重が残り足が横に出るのか、どちらが先かはわかりませんが。

打点を高く前にする=シャトルの真下でなく左斜め後ろに入る事、半身で体重を思いっきり後ろの利き手側の足に乗せる事、足を入れ替える時に前に出ながら体重を一気に反対側の足に移動する事。

他にも細かい事を言えば肩甲骨~ラケットヘッドまでをラギングバックを使いムチのように振る事、前腕の回内と上腕の内旋内転を使う事、インパクトの時にグッと握り込んで人差し指を中指に付ける感じにする事、インパクト時以外はリラックスする事…等々山ほどありますが、たくさんはできませんからね。個人的には半身になる事と打点を高く前にする事を言いたいです。

私はフォームは結構きれいな方だと思います。学生時代に嫌という程直されたので…。それが多少は役に立つので、打って見本を見せています。イメージを頭に焼き付けるのが大事ですね。

ゲームでは体育館にちょうど1部の人がいたので一緒に入ってもらいました。お陰で楽しかったです


category: 練習日記

tb: 0   cm: 2

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。