あらふぉーばど日記 ホーム »2012年03月
2012年03月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

健康イベントにて  

お祭りの会場でよくやっていますよね、健康イベント。
たまたま寄った所でイベントをやっていたので参加してみました。骨密度と体組成の測定です。

骨密度は踵に超音波をあてて伝達速度が速い程骨密度が高いというもの。↓コレ
ttp://wellup.jp/machines/kotumitudo.php

骨密度は骨密度が最大値を示す20歳~44歳の若年成人の平均値との比較(%YAM)、同年齢の平均値との比較(%AGE)で評価します。私は%YAMが128%、%AGEが140%。20代前半の平均を上回りました
以前レントゲンで「骨の密度が高い」って言われたのホントだったんだ~。

体組成は↓コレ
ttp://inbody.info/inbody230.html

体脂肪率19.6%、部位別だと胴体は標準で四肢は低い。内臓脂肪が低い所からすると腹に脂肪が付いてるんだな…。もっと走らねば。腹だ腹!筋肉バランスは標準。これももっと筋トレせねば。やっぱあらふぉーでもアスリートでありたい…。体型的には強靭型だって。

普通はこの手の測定は500円くらい取るので、タダで測っておトク!明日もまたイベントに行って血管年齢とストレス度を測って来ようっと♪
スポンサーサイト

category: コンディショニング

tb: 0   cm: 0

久々のビデオ  

更新が久々過ぎて広告が出ていてなかなか屈辱でした記事も書いてあるのがいくつかあるけれど推敲してなくて…。そのうち(何度目じゃ)アップします

昨日の練習で久しぶりにビデオを撮りました。自分のフォームチェックが目的。ちょっとフォームが小さくなってて、それは必要な部分もあるんだけど…やや打点が下がり気味後ろ気味だったので、もっと脚を使わなくては。
大きく振れなくなっちゃうからなあ。アタッカーだった私も最近は少し頭を使うようになったのか、まず崩してから…という事で前よりも打つ数が減っています。でも、個人的な意見としてはやっぱりアタックはバドミントンの醍醐味の一つだと思うしいつかは嫌でも打てなくなるのだから、打つ事は大切にしていきたいです。

そしてゲームの検証。
Kさんと組んだゲーム、やりながら「組立のく、もないな」と思いながらやっていました。Kさんが何をしたいのかさっぱりわからない。まあ私が勝手に思い込んでいるのもありますが「これ上げる!?」「これ取れない!?」みたいなのが結構多くて、そこを上げるならそこで落としたり打ったりしてもらう組立はできないし、そこが取れないならそこに球ができるだけ行かないように球出ししないとならない。本当は話をすればいいんですけれど、Kさんはゲーム中にそういう話をするとどんどん凹んで落ち込んで心も体も動かなくなっちゃうから気を遣います。

Kさんは動きが鈍いので速い展開にするとついてこれないため、私も大きな展開を使いあえて高いクリアーやロビングを多めに入れてゲームを組み立てます。Kさんにはクロスカットとクロスクリアーを警戒するように言っておきます。

でもKさんの方が高い球を打てないのでどんどん速い展開になってきちゃいます。なぜ高い球を打てないかというと、いつも遅れて手打ちになっちゃうからなんですね。後ろでクリアーを打たされた後にドロップ落とされると床スレスレでしか拾えない。打った後その場に止まって球を見てるから。スイングも手打ちなのでスムーズに次の体勢に移れないんです。で、ギリギリで拾うと低いクロスへのロビング崩れの甘い球しか飛びません。ビデオを見たけれどレシーブは全てクロスへ低く、なんだかわからない球が出ています。本人おそらく甘い球を出している意識ないでしょう。何度も言った事がありますが、その度に初めて聞いたような反応が返ってくるので。

それをスマッシュされるのはパートナーだし、崩れてる自分はもう1本後ろにクリアーでも打たれようものなら全く取れません。クラブ内のゲームで格下相手なので、煽られた体勢から怪しい手打ちで苦し紛れにクロスに落としても決まりますが、普通は決まりません。フットワークがないので、球の所まで移動ができず手と上半身が伸び切った状態で打っているから常に遅れて追い込まれているような体勢なのです。

それならゆっくりした長めのネットを打って時間を稼ぐとかあると思うのですけれど、どんどんラリーが速くなる中で手首だけの手打ちでドライブを無理にクロスに打とうとするから引っ掛けちゃったり…。

Kさんは頑固で人の話を「ウン、わかった」と言って聞く風にして聞いていないので、これは自分で気づいてもらうしかないと思い、次に対戦したゲームでは徹底してKさんを動かしました。パートナーにもKさんを半面で前後左右、高さも変えた球を出してしっかり動かせば3本目までに必ずクロスの甘い球が来るからそれを狙う、と。

これがかなり効いて、ゲーム後半はKさんやる気をだんだんなくしてきました。もう体も動かないし表情もドローンとして、ゲームを投げているような状態です。ゲームの後に話をしようかなと思ったんですけれど…。でも前に一度話をした時に割と「わかっているから言われたくない」みたいな雰囲気で返事されたんですよね。ビデオもあげているんですが見ていないようで。

うちの部長は優しくも厳しい人で、Kさんのそういう性格や性質を見抜いていて「個人戦ではみゃーこさんとは組ませないよ、彼女は結局家庭婦人だから。組んでもみゃーこさん伸び伸びやれないし勉強にならないからね」と一刀両断。こ、こえぇ…それ本人に言ったらバドミントンやめちゃうかもよ…。言わないでね

でも私はKさん勿体ないと常に思っているんですよね。前に何度も書いたけど、Kさんは高校3年をゆるいバド部にいただけです。それで手打ちなのかもしれないけど、それであんな重い球を打てる人はそうそういないと思います。私はハードヒッターだとよく褒められますがそれこそ全身を使って打っているからうてるだけで、Kさんみたいな打ち方じゃろくな球が打てないと断言できます。減量して、少しグリップ直して、フットワークをやればずいぶん違うと思うんだけどな~。

以前「強くなりたい」って言うんで「目標を設定して、それをいつまでに達成したいのか、それにはいつまでに何をする事が必要なのか、自分が最終的にどうなりたいのかを考えてみたらどうですか?」と答えたんです。「練習時間が取れないのは学生じゃなければみんな同じ、できるかどうかではなくやるかやらないかではないでしょうか。私も結果がどう出るかわかりませんが、今やれることをやれば自分で満足いくんじゃないかと思ってやっています」と。

Kさんが何を目標にしているのかはわかりませんが、私は私で頑張らねば。人の事構っている程余裕がある訳ではないので。しかし試合中に試合を投げる人にはどう接すれば良いものか…。本人は余裕がなく考えられなくなっているだけなんだろうけど、パートナーからすれば試合を投げているように見えます。う~~ん…。

うちダンナも某競技のコーチなので相談してみましたが「放っておくしかないんじゃない?」だって。某競技、大丈夫なのかこんなんで



category: 練習日記

tb: 0   cm: 2

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。