あらふぉーばど日記 ホーム » スポンサー広告 » 練習日記 »今日の練習01/06

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今日の練習01/06  

いつもの体育館ではなく別の場所の体育館開放に行きました。

最初2時間軽くゲーム。ただ一緒にいた人が3部クラスの方ばかりだったので私はあまり動く練習にはならなかったです。その後2部1部の方が合流し、少し残って練習すると言うので私も一緒に残る事にしました。

1人がシングルスを長くされていた方で、脚は出るのですが前衛での動きが全くわからない!と言うので半面2対1(ライトコート使用)をやりました。1は反面でレシーブ。2は後衛が基本スマッシュ、前衛はセンター付近にいて「前衛の球」だけに手を出します。前衛の球はショートサービスラインまでに落ちる球、前衛に甘く上がった球、クロスに低く抜けるような自分に向かってくる低い球です。

後衛がスマッシュを打った後にストレートにドライブで抜いてくるような球は後衛が前に詰めながらドライブを打ちます。この時に相手が下から打ってきているのに下から打たないよう、後衛は頑張って上から打てるようにします。前衛はこの球にいちいち反応してサイドに誘い出されると逆サイド前ががら空きになるのと、後衛の邪魔になるので注意します。

前衛が苦手と言っている方はおっしゃる通り前衛が苦手な様子でした。1のレシーブ全部に反応して、だんだんセンターからサイドに寄って来てしまいます。でも半面だからそれができるけれど、実際は全面でゲームをしますからサイドには寄れないはずです。私が一緒に後衛に入ったので「それは後ろの球」「それは止めて下さい」等々言いながら練習していくうちに少しずつできるようになってきました。まだ動きが重くて予測ができていない部分はありますが、なにせ脚が動くので上手くなると思います。いいな~脚が動いて!

その後は私が今度組んで試合に出る予定のピチピチギャル(死語)が来てくれて4人になったのでゲームをやりました。まず4人で2ゲームやって、その後は高校生チームが練習に来ていたのでそこの監督さんのお誘いで高校生とゲームしました。高校生達は…2年生でしたが、残念ながら地区大会でも勝てないんじゃないかなあと思いました。アドバイスを…と言われたので「今のうちに基本を大切に、フットワークをたくさん練習して打ち方も一つ一つ丁寧に練習する事」「打った後も次の球が来るので打ちっぱなしにならないこと」だけ言いました。フットワークがおぼつかなくて、拾おうとするのに「ズサー」って膝で滑ってるんだもん(汗)うちの下の子か!って感じです。

そしてその後に遠くのコートでやけにビシバシシングルスをやっている子達がいたので声をかけて1ゲーム。私とギャルで組んでゲームしました。ゲームはこちらのワンサイドで、打っていた印象と違うなあという感じでした。よくよく聞いてみたらその子達はシングルスプレイヤーなんで仕方ないですね。そして驚きだったのが「高校生?」って聞いたらなんと中2と小6!!でけぇ~!上手い~!と思ったら、やはり県代表選手でした。素晴らしい。今時の子ども達はうまいですね~。

もうすでにこの時点で5時間練習したので、残り時間で2ゲームやって、早めにあがりました。昨日の練習での筋肉痛が少し残っていて、最初の練習では体が動かず重かったのですけれど、後半の練習で早い球回しに動いていたら段々動けるようになりました。早い球回しはやっぱりいいですね。ギャルは今は大学ではバドやっていないので(超もったいない!IH経験者なのに!)体が重いと入っていましたがどうしてどうして、良い球打ってきました。動きは確かに少し重かったけれどすぐ思い出すでしょう。今回は私を復帰の足がかり?にして、また頑張ってくれるといいなと思います。試合って出るとどんどん出たくなって、またやりたくなりますからね。復帰させちゃうぞ(笑)。それには結果も出したい所なので頑張ります。

関連記事
スポンサーサイト

category: 練習日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://around40bad.blog101.fc2.com/tb.php/178-864bb467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。