あらふぉーばど日記 ホーム » スポンサー広告 » 練習日記 »今日の練習01/12

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今日の練習01/12  

今年になって初めての水曜日一般開放です。あけおめ~~~の皆さんにおみやげを渡し、ゲームを始めました。

途中で私のプッシュが相手の人の目に当たってしまいビックリ!!!幸いにも思いっきりじゃなくて軽くタッチしたプッシュだったので、最初は赤くなっていたけれどその後は治って本当に良かったです。バドミントンの事故で、マジプッシュが目に当たって眼球破裂、水晶体を摘出し視力低下が後遺症として残る…という事もありますから。普通は前衛を越えた球を後衛が打ち、打った球が振り向いた前衛の目に当たってしまう場合が多いです。前衛は絶対に振り向いてはいけません。またプッシュは…そうですね、飛んで来たらラケットで打ち返すか(当たり前)返せなかったら顔を背けましょう目で受けちゃダメ!!

そして今日は何かあるんですかね~、Mちゃんが右サイドに大きく振られた球を後衛で取ろうとして右足首を捻挫。私は隣のコートでゲームをしていて、長座で座り込んだMちゃんを見て「あちゃ~!アキレス腱切ったか~!」と思ってビックリしました。聞いてみると内反捻挫で私が速攻アイシングとテーピング&バンデージで圧迫したのでそんなに腫れも出ず、痛みも少なくて済んだようです。整形外科でレントゲンを必ず撮るように言い、家まで送って行きました。先ほど連絡があって「折れてなかった~」との事で一安心。1週間後に再診してもう一度骨折がないか診てもらうというので、そこで何もなければよいのですが。月末に私との試合がありますが、それは無理をしないように言いました。2月にある試合の方が1部昇格をかけた大切な試合です。そちらに照準を合わせないと。Mちゃんは「みゃーこちゃんとはあんまり組めないから…試合出たい」って言うんですよ。でもね、1部に上がって来てくれればいくらでも出られると思うから。

捻挫って危ないんです。私も学生時代にスマッシュノックをやっていて、100本を10セットくらいやっていた時でしょうか。大概疲れていたんですよね、ラウンド側へ上がった球を移動して打とうと思ったら脚がもつれて転び、そのまま捻挫。その時「バキッ」て嫌な音がして、瞬く間に腫れ上がって内出血。ものすごく痛くて寒くて「これ折れてるよ」と先輩が。そのまま夜間救急に運んでもらいました。
レントゲンを撮ると「折れてないよ」との診断でしたが痛くて歩けなくて松葉杖を使い、1週間程してから練習(リハビリ)を再開しました。しかし痛くて痛くて…。関節の中の方で距骨(足首の骨で、すねの骨が乗っかっている)を骨折している事がわかったのは半年後、骨は動いていたからくっつかず遊離して骨片になってしまっていました。また靭帯も一部断裂してなくなってしまっていました。骨折はすぐにわからない事もあるんです。まあちょっと…最初に診てくれた大学の先生が膝の専門家で…ゲフンゲフン(以下自粛)。

結局手術して骨片を除去し、骨折面を滑らかにするはめに。靭帯は再建しなかったものの、最近ではどうも復活したような…(体表面に近い靭帯は再生するんです。アキレス腱も手術なしでくっつきますよね)。でも左足関節の動揺性は残っていますね。ブレースする程ではありませんが。

捻挫は侮る事なかれ。初期治療と骨折の有無を確かめる事、そしてリハビリを行い可動域や筋力・神経系の働きを戻し、テーピングやサポーターで固定して競技に復帰する事が大事です。
関連記事
スポンサーサイト

category: 練習日記

tb: 0   cm: 2

コメント

はい。

先生、ありがとうございました。
気をつけたいと思います。

うちのクラブは救急セットだ~れも持ってこないので(父兄がほとんど練習にこないしね)監督はバンソウコウしか持ってないし、まぁコーチが整骨院の先生なんで、応急処置はOKなんですけどね。
私も一応一式そろえて体育館に持って行ってるんですが、コーチも私も今年度から入ったんで、今までどうしていたんだろうと思うと、怖いですね。私はバドミントンは経験者じゃないんですが、陸上経験者なもので、そっち系のノウハウは多少あるので、よかったです。でも、ほとんど独学なので一度きちんと教えてもらっておこうかな?

BADミン豚 #- | URL
2011/01/13 10:50 | edit

できれば…

陸上経験がおありなら学生トレーナーがいたりしたのではないでしょうか?

とりあえずアイシング用の氷(難しければアイスノン等)とビニール袋とバンデージくらいはあると良いですね。

あとは当たり前の事なのですが施設と器具(体育館全体、床、ネット、ポール等の共通のもの)と道具(ラケット、シューズ、服装など)の安全確認と各自の体調の確認も大事ですし、安全に練習できる方法をきちんと教えておく(ノックの時にはシャトルを渡す人は後ろ向きで座るとか、前衛は自分を抜けた球を目で追って振り向かないとか)のも大事ですね。

機会があったら指導者の皆さんで日赤なり消防なりの救急法の講習会を受けてみるとよいのではないでしょうか。

みゃーこ #- | URL
2011/01/13 13:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://around40bad.blog101.fc2.com/tb.php/187-e7f1c97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。