あらふぉーばど日記 ホーム » スポンサー広告 » コンディショニング »フォーム改良の大切さ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

フォーム改良の大切さ  

今日Kさんと話していて感じた事があります。
Kさんは膝を痛めて手術したのですけれど、リハビリの先生に「膝が内側に入っている。つま先は真っすぐにし、膝と方向が一緒になるように」と言われたそうです。Kさんは「バドミントンはつま先を外に向けるからそれは無理」って言ったそうです。先生は「う~~~~んわかんないな~~~」みたいな感じだったそうで、多分バドミントンにはあまり詳しくない方だったのでしょう。

「それはつま先だけ、膝から下だけを外に向けようとするからニーイン(膝が内側に入った状態)になるんです。股関節から開けば膝とつま先は同じ向きになりますよ」と言うと、Kさん目からウロコがボロボロッと落ちてました。「も~~私整体にお金払ってるのに!!みゃーこ医院にすればよかった!!」とプンスカ(笑)。みゃーこ医院はタダですからね(笑)。

Kさんはオーバーヘッドストロークの時に正面打ちなのですが、引いた右脚のつま先が内側に入り内股になるんです。私にはそれはやろうと思ってもできないので(だって上半身と下半身が反対に動いてますから)なぜそうなるのかわからないんですけど…股関節が硬くて筋力が足りないからでしょうか。

ただ筋トレも大切なんですが、結局は動きを直さないと再発してしまうと思います。根本的な原因が私のように「筋力に老化した腱がついてこない」等と言われた場合はもはやどうして良いのかわかりませんけど、フォームを無理のない自然な動きにする事で痛みがかなり取れるのではないでしょうか。

とはいえフォームの改良って難しいんですよね。私は中学~大学とバドミントンをやっている中で、フォームを直されたのは大学生になってからです。6面取れる専用の体育館を1コート5~6人と贅沢に使えたからこそフットワークやフォーム固めノックを繰り返しやることができましたし、専門の指導者がいてくれたので20年以上経った今でも通じる理論でフォームを学ぶ事ができました。
でもレディースはどうしたら良いのでしょう…??
どうやったら現状で怪我のない自然な動きを身につけられるのでしょうかね。
関連記事
スポンサーサイト

category: コンディショニング

tb: 0   cm: 2

コメント

ブラボーパンダ参上♪

はろー(・ω・)/
ぼくブラボーパンダ♪
今年最初のブラボーパンダ検定1級おめでとう☆
きっとブラボーな1年になるよ(≧▽≦)

つま先の膝の向きについてはbonnyも
http://ameblo.jp/kinshibai/entry-10637262130.html
で書いてるけど大事だよね♪

でもでもデーモン☆
バドミントンでも直るよね♪

おともだちがんばれぇ~о(ж>▽<)y ☆

ブラボーパンダ #- | URL
2011/01/25 16:28 | edit

プラパンちゃんありがと♪

そうだよね、きっと意識が一番大事だよね!直そうと思えば直せるし、直せないと思ったら直せないよね。

頑張るよ!友人にも「カワイイパンダちゃんが応援してるよ」って言っとく!

みゃーこ #- | URL
2011/01/25 16:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://around40bad.blog101.fc2.com/tb.php/199-4cb1ef89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。