あらふぉーばど日記 ホーム » スポンサー広告 » 練習日記 »今日の練習05/25

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今日の練習05/25  

チームの新人さん達と他数名で基礎練習の日です。いつもは部長さんがメニューを決めますが、今日は不在で私がメニューを組みました。普段は割とレディースっぽいちょっとマニアックな練習(例えばハーフ~後ろに来たクロスのカット?を床スレスレでクロスネットで返すとか)が多いので、今日は普通っぽい(?)練習をしてみました。

まず基礎打ちは普段は各自テキトーに行っており見てアドバイスする人はいないのですが、ちょうど私が余っていたので気になる所はちょっとずつ皆に言いました。打ったらボンヤリシャトルを見ないでセンターに戻るとか、ラケットを速く戻すとか、肘を下げない、くらいですけど。また出す球を全然意識せずやっている人が多いので、どこを狙うのか、球の速さや軌道を考えているか、何を目的にするのか(例えばドライブだったら速さの練習なのか高さや打つ場所のコントロールなのかなど)を意識してもらいました。全部は無理だけど、今後基礎打ちする時に考える材料の1つになれば。

その後はノック練習です。ノックでは今まで基本ストロークと、多少動きを入れるような程度でした。今回は試合もありますので、ダブルスのローテーションノックをやってみました。後ろで打った後前に詰めてドライブ、更に詰めてプッシュ、みたいな超基本的なものだけなんですが、みんな「やった事ない」と楽しそうです。パートナーとお互いの動きを感じ合って動くのもなかなか難しいので、まずその感覚を掴んでもらえればなと思いました。

案の定、シャトルが出るより先に動いちゃったり(汗)ハーフをお見合いしたりというのが結構あったのですが、今までなかった「打ってチャンス球が上がって来たら前に詰める」感覚が少し見えたかな?私が覚えている範囲でそのペアがやられたパターンのイメージで球を出してみて、穴ができたりするのを「それは前」「それは後ろがカバー」「それはどちらでも良いので2人で決める」みたいに言いながらもやってみました。前衛も絶賛休憩中にならないよう前衛が決める球も出しますが、意外に決まらない。ネットに近すぎるのと、球が来てから慌ててるからでしょうね。

そんなすぐにできるようにはなりませんから、イメージを大まかに掴み「この感じやった事ある!」と雰囲気を感じてもらえたらと。

次に2対2のアタックレシーブをやりました。先日の試合での課題「センター攻撃」をアタック側は意識し、後衛だけでなく前衛もセンタープッシュを意識してもらいます。レシーブ側は「ポジション取りをこまめにする」が課題。

始まってしまうとキレイサッパリ忘れているので声をかけながらやってみます。Sさん曰く「センターに上がった球をセンターにスマッシュならできるのだけど、他の所に上がった球をセンターに打てない」とお悩み。そこに打つ、と決めての練習なのに打てないとはこれいかに。見ていたけれど、打とうと思えばフォーム的には打てそうなんだけど。

レシーブももう返すだけで精一杯。自分の場所?そんなのわかりませーん、って感じなので、打ったらそのままそこにいる、浅い球を後衛が詰めて打とうとしているのに前衛がそのままの位置にいる。自分が打ったor上がって来た球の質が判断できないのでしょう。しかし危ない…。判断、というのは慣れるしかないんでしょうか。

最後はゲーム練習です。ゲームになるとそこそこできてしまうんですね。そしてさっきはノックだから目的がはっきりしていてやる事がわかりやすいので積極的に打てるのに、ゲームになると何をしても良いから、逆に思いつかなくてとりあえずその場で打ちやすい球を出しちゃう。まあある意味正解と言えば正解かもしれませんが(汗)

次を考えて球を出せると全然違うんですけどね~~。

みんな終わった後に「またやりましょう」と燃えていたので良かったです。またやりたいですね。
関連記事
スポンサーサイト

category: 練習日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://around40bad.blog101.fc2.com/tb.php/295-165fc101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。