あらふぉーばど日記 ホーム » スポンサー広告 » 試合・練習会 »講習会07/06

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

講習会07/06  

昨日に引き続きYONEX森久子さんの講習会です。

1)体操、ジョグ、ストレッチ、軽いトレーニング、基礎打ち

インナーマッスルのトレーニングを兼ねたストレッチは肩甲骨回りと股関節回りを念入りに。指で軽くポンポンと胸骨を叩いて痛い場合は疲れがたまっている。次はペアトレーニング。

・その場で100m走(したつもりで腿上げ)、パートナーはフォームをよく見てあげる。腿上げの時に腕を前に振ろうとしている人が多いが、肩甲骨を使って後ろにしっかり引くと体幹が使えてパワーが出る。肩甲骨を意識してもう一度、今度は50mにオマケ(笑)

・バランストレーニング。片足立ちをして、その場で片足ジャンプを20回。軸足のずれ具合を見てどちらがよりバランスを保ちにくいのか見る。左右とも行う。次に目つぶって同じ事をする。パートナーは危なくないように見ていてフォロー。例えば自分は外側にずれやすい、前に出やすいなど特徴が掴める。弱い所を意識してトレーニングしたり、動く時に気をつけたりすると良い。

2)ロビングの手投げノック
ロビングでも左手を大きく使うものではなく、早いカットが来たときなど時間的余裕がない場合にコンパクトにレシーブする練習。

まず基本の構え方。ラケットを自然に胸~お腹の前で構える→行きを吸って肩を上げて~息を吐いてスッと脱力し脇毛を開放(笑)この開放した構え(笑)が自然に脱力され一番スムーズに次を打てる構えなので覚えておく。

1で構え→2で左足の向きを変え身体を少し捻るが肘が身体の横から後方には行かない。左手は身体の横に置いたまま、3でインパクト、ラケットは出して止める(流さない、流すと左手を使ってしまう)。構えの時にバックに来ると思うと掌が上を向きやすくなるがしっかり締める。その方が結果的にラケットが早く出せる…掌上だとバックスイングの時にラケットヘッドがネット側を向いている事になる。インパクトまでにラケット(掌)を裏返し身体側に持ってくる必要があり、その分遅れる。掌が下向きに締まっていれば引くだけでヘッドも同時に引かれるので後は打つだけで、動作が少なく早い。

フィーダーは速いカットを想定し、ネットの向こう側から、上から直線的に速めのシャトルを出す。練習者はストレートにもクロスにも両方打ち分けてみる。クロスに打つ場合も大振りはせず、やや振りが大きくなるだけでラケットは止めること。

3)ヘアピンの手上げノック
上と同じ打ち方でラケットを止めてヘアピン。スッと出し止めて当てるだけ。テイクバックとフォワードスイング、フォロースルーは極力小さく。クロスへ持って行くときもフォームを小さく、ラケットをこねない。あてるだけ。肘から先を使う。フィーダーは2)と同じく上から速めの球を出す。カットが来た時に同じ打ち方でロビングとネットを打ち分ける事が目標。相手にロビングかヘアピンか読まれないように打てるように。

4)パターン練習

ロングサービス→カット→ネット→ネット→ロビング→クリアー→クリアー→カット(練習者はレシーブ側)
注意:練習者…上で使った打ち方を意識する
   相手…前回カットの打ち方を練習したので、打つ方も意識してしっかりカットを打つ
   両者とも…打った後ホームで構える過程をスルーして直線的に動かないこと。前に出る時も後ろに下がる時も先に動かず、一旦構えて相手が打ってから動く。ネットはコートの外側ギリギリに向かって打つ(内側に入ると相手が楽)。

5)ゲーム練習。時間がないので今回は森さんはコートの外から檄を飛ばします(笑)。


今回の練習ではモーションを小さくしたレシーブをやりましたが、これは追い込まれた時に守る時だけではなくアタックロブを打つ時にも使えますね。私はバック側のアタックロブをほぼノーモーションで打つ事が結構ありますね。ラケットを見せてヘアピンと思わせておいて、ギリギリまでタメて突っつくようにロビングです。同じフォームでスピンネットも入れます。でもスピンネットはクロスカットが来た時限定かも…スピンさせながら、カットが入って来たのと同じ方向に流すように、ネットの高さとコートの端ギリギリを狙って打ちますが、クロスカットがキレている程スピンネットもよくキレますね。フォア側とストレートのカットは返せないんですが(不器用だ)。

あとしっかりいちいち構える練習もしたいです。うちのチームの人はみんな全然構えていないですし、打った後にその場でボンヤリしています。次が来ますからボンヤリしている時間はありません。

ゲーム練習の時にまさに良いクロスカットが来て、いつものようにアタックロブかスピンネットで…と思ったのと同時に「せっかく練習したからノーモーションでネットか?」等と迷っていたら、前衛に打ち頃の謎めいた甘い球が上がってしまいまんまとやられました。それを森さんにバッチリ見られていて「今のは何!?」と言われてしまいました私も何なんだかわかりません…


皆さん、この練習のポイントは脇毛の開放ですよ(違


「脇に毛糸のフサフサを貼付けておいたら相手が釘付けになって勝てるんじゃないか」と話していたのは私とKさんです。ほんっとバカですみません

関連記事
スポンサーサイト

category: 試合・練習会

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://around40bad.blog101.fc2.com/tb.php/332-565d022c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。