あらふぉーばど日記 ホーム » スポンサー広告 » 試合・練習会 »試合~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

試合~  

先日オープン大会に参加しました。パートナーは…Oさんです。お忙しい方なのに時間を作って私と出て下さるなんて感謝です。同じクラブだし今まで私以外の人と組んで試合に出た事はありますが、こう何といいますか、違うんですよね、ニュアンスが…伝わりますかね?助っ人的な雰囲気と言うか…。でも今回は私とは助っ人ではないし、でもOさんの方が格上で、勉強させていただくって言いますか。

とにかく、私としては今持てる力を最大限出して頑張ろうと思いました。助っ人してもらうつもりではありませんし、頼りっきりのつもりでもありません。せっかく一緒に出られるのだから勝ちたい、組んで吸収できるものは吸収したい、自分もパートナーとしてOさんを助ける。そんなつもりでした。

Oさんはもの静かで、あまり感情を外に出す方ではありません。でも話をしてみると意外にお茶目だし、気さくで初心者経験者にかかわらず、自分よりも実力がはるかに下の人などでも同じように接して同じように教えてくれます。ちょっと人見知りなだけなんです。

当日までの練習は1回しか出来ず、その1回も練習相手は2部レベルであまり練習になったとは言えませんでした。実は内心心配でした。前に組んだギャルの用にバカスカ打ってくれるタイプの人なら私は前でヒョイッと止めるか、自分が後ろならやはりバカスカ打てば大抵のリターンは止めてくれる。ある意味単純なプレーですんでしまうのですが、Oさんは配球で勝負の人。私の所にチャンス球が来るように打ってはくれますが、私がOさんのやりたい事をイメージして動かなければせっかくの配球が台無しです。

せっかくなのだから頭を使って…と思い、前日からイメトレもして当日を迎えました。

しかし、そんなに簡単に頭が良くなるはずもありませんので(笑)最初はちょっとお互いの動きがギクシャク。動きが重なったりお見合いしたりもありました。それでも予選リーグは楽勝で決勝トーナメントに上がりました。

決勝トーナメントでは準決勝で全日本シニア都道府県代表のペアと当たる事がわかりました。本戦でも勝ちあがってますからね、強いですよ。なんでそんなペアがこんな地味な大会に…まあOさんもだけど…。Oさんボソッと「あのペアに勝ちたいな」と呟きました。俄然やる気が出てきたんですよ。何としてもOさん勝たしちゃる!その為には倒れるまで後ろから打ったる!ってね。

トーナメントの1回戦。相手は同じ県で1部にいるペアです。私もOさんも初めての対戦。ただ私は以前大会で見た事があって、若手がとにかくバカスカ打ってくるとわかっていたのでOさんにそれを伝えました。その通り、若手はバカスカバカスカ打ってきます。本当~~~に打ってくるんです。しかもすっごくかわいいのに!!!!ゆ、許せん(笑)!!!!!

途中までは1点ずつ取り合う競った展開になりましたが、ラスト2点で相手がハイクリアー合戦を仕掛けてきたのです。んで私達はそれに付き合う事にしてみたら相手が我慢しきれず先にハイクリアーをサイドアウトでゲームポイントを取り、最後はこちらのスマッシュから甘いドライブを詰めてプッシュで押し込んで1ゲーム目を取ります。2ゲーム目も同じような展開でしたが、相手は焦ったのかスマッシュのミスが続き、ストレートで下して勝負の試合に望みました。

準決勝、1ゲームを先に取ったのはこちらでした。相手が風上でバックアウトを連発、こちらからの球は受けにくくエラーが重なりました。こちらからの思い切りの良い攻めがかなりいい調子で決まったのでした。エンドを替わった2ゲーム目。シャトルが飛ぶのを再確認して望みましたが、逆に抑え過ぎてしまい奥を怖がってしまった私達。更に風に苦労しエラーが重なります。4点ビハインドで相手はあと2点です。ここから怒濤の反撃。ラストオールに追いついた私達、最後の1本を取れば(セティングなしだったので)勝ちが決まります。

ところがここで…なぜかOさんのサービスがやや甘く入り、プッシュを私が取れず…2ゲーム目を取られてしまいます。今思えばこれが全てでした。ここで取らないで、どうしてその後のゲームが取れるのでしょうか。ファイナルゲームは相手からの3点ビハインドが最後まで返せず、結局負けてしまいました。

今日ほど自分に腹が立った事はありません。なぜあそこでイージーに1本無駄にしたのか。例えサービスが甘く入ったって取れば良いじゃないか。その1本、肝心な1本でなんで集中して返せなかったんだ。

Oさんは実は心の中はメラメラと燃えている人でした。決勝トーナメントの2試合、普段のOさんからは想像もつかない程一生懸命に私を鼓舞してくれました。「ここからです」「まだまだ!」「ここいきますよ!」と。お互い決めあうと拳をぐっと握り「良し!」って。どうやら隠していた訳でも無理をしていた訳でもなく、それが本来のOさんだったらしいのですが(笑)それでもそんな本気のOさんを見るのが初めてだった私は本当に心が奮い立ちました。2人で戦ってる、って実感したし最後までOさんと勝ちたかった…。


試合が終わって負け審も終わり、Oさんに御礼を言い帰途につきました。これ絶対に悔しくて眠れないだろうなと思ったら、疲れがどっと出て倒れるように寝てしまいました。気が付いたら寝ていたんですが、どうやって2階に上がったんでしょうね。スマッシュ何本打ったかな…。

翌日、試合を振り返って記録を付けつつ考えました。確かに悔しかったけれど、多分あれが今の自分なんだろうな、って。おそらく最近少しずつ上のレベルの練習会に行くようになり、自分の出来ない事できる事が少しずつはっきりしてきて試合で実際に突きつけられた事も理由の1つでしょう。最初から諦めている訳ではありません。あくまでも精一杯やった結果を振り返ったら、相手の方が上手だった。自分の実力を考えたら、例えマッチポイントまで追い詰めていたとしてもその1本分、私の何かが足りなかった。まだまだやらなくてはならない事が山積みだと、そう思ったのです。

あの場面であんな球しか出せなかったのは何が足りなかったのか。あの球を取れなかったのは何が原因か。相手がどういう球を打ってきたら苦しかった=自分が打てば効く球は何なのか。何度も何度も試合を頭の中でリプレイし考えました。今もまだ考えています。

悔しかったけど手応えもあった。妙に冷静な不思議な感覚があります。でもOさんは「みゃーこさんはもっと目標を上に、ですよ」と言ってくれました。

Oさんに御礼のメールをしたら「楽しかった」と言って下さったので良かったです。チームの皆が口々に「2人で戦ってる、ダブルスって感じがした、良い試合だった」と言ってくれたのは結構嬉しかったです。

また機会があったらOさんと一緒にリベンジしたい!!次はもう少し大きくなった自分でリベンジ

関連記事
スポンサーサイト

category: 試合・練習会

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://around40bad.blog101.fc2.com/tb.php/343-f1f2ae27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。