あらふぉーばど日記 ホーム » スポンサー広告 » 試合・練習会 »試合に出ちゃいました

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

試合に出ちゃいました  

試合…手を骨折してから個人戦は全てキャンセル、団体戦は1回出ました。手術してからはまだ1度も出ていません。本当だったら今頃はそろそろかなり全力で復帰できているはず…手の麻痺さえなければ。非常に残念無念です。骨折は治っているのにな。

先日「みゃーこさん、手が治ったら出れば良いし無理なら出なくてもいいし」と言われメンバー入りしたオープン団体戦があったんですね。手に力は入らないものの、チーム戦略を考えれば出た方が良いのかと悩んでいました。

勝手かもしれないのですが…全力が出せず、自分でも納得がいかないプレーしかできない状態で試合に出る事は面白くないし何よりパートナーやチームメイトに申し訳なくて。自分自身も「手が大丈夫ならこの球取れるのに」とか考えながらやるのでは凹みます。実力がないなら「コンチクショー!」で済みますけど、どこかに「手が悪いから」という言い訳を用意しながらやる勝負なんて勝負じゃない、面白くない。周りに「みゃーこちゃん手が悪いからね」なんて思われたらたまったもんじゃありません。

でも現実問題手が悪くてできない事ばかりだし、どうしようもないのです。それが言い訳じゃなくて事実なんです。と言ってもそれを印籠みたいにかざしてプレーするのなんて嫌なんです。

しかし…うちのチームで私が出ないで勝てるのか…と考えたら、勝てないよねって。
いくら納得がいかなくても、ベストなプレーができなくても、自分が思い描いたプレーとのギャップに堪え難くても、チームにとって必要な事なら出るしかないのかなと。やればやるほど「違う」って思っても、チームの戦略としてやらなきゃいけないのかな。

監督が「みゃーこさん、1回くらい出て楽しく遊ぼうね」って言ってくれました。遊ぶ…わからない、楽しい…わからない。今の自分で何が楽しくて何が遊べるのか全くわからない。こんなヤツ、とても使えないって誰か言って下さい。「こんな状態でベストも出せないのに出るのは皆に申し訳ないし自分も納得できません、この程度のプレーしかできません」と言うと「大丈夫大丈夫、そんな事ないよ十分だよ」だって…。

うちの監督、当日の直前まで何を言いだすかわかりません(笑)。前に出た団体戦も数日前「みゃーこさんは出なくて良い」→前日「1試合くらいは遊ぼう」→当日「3試合は使いたくない(つまり2試合は使う)」と変更されましたからww

試合の組み合わせを見ると…1部はなかなかハイレベルです。組み合わせを見て俄然燃えた監督「みゃーこさん行けるね、1ダブルスね」キター、もう昨日言った事忘れてる

これほどモチベーションの上がらない試合はなかなかありません。試合前の練習でもどこか上の空。

それが…試合に入ったら色々考えていた事はいきなり吹っ飛んで「勝ちてぇ!」。もうしょうがねぇ、やるしかねぇ!しょぼいショットが出たってもうお構いなし!できるだけ得意な所で勝負して、無理な所はしのぐ!←冷静にヤケクソ(笑)我ながら切り替え早い。

1試合目はラケットショップのお嬢さんが助っ人に入ったチーム。反則だろ反則。しかもかわいいんですよぉあ〜〜もぅ…カワイイ♡

私達は1Dで2番手と当たりささっと終わり。相手のテンポは速かったけど、私達の方が速いし速い球好きなんですよ。だって動かなくていいし〜〜(笑)。私のバックをどんどん狙えば良かったのに〜。私のバックからろくな球が出てない事に気づかないのでしょうか。

そして2Dにラケットショップのお嬢さん対うちは実業団Oさんのペア。相手の強打を上手くいなし、パートナーを狙って狙って狙って、動かして動かして、焦れたお嬢さんがポジションを大きく動かしカットインしてきた所で空いたスペースへ球を送ります。あと若い人と年配の人とのペアだとローテーションが上手くいかない時がありますね。若手は積極的に回りたい、年配はできるだけトッパンのまま後ろは後ろに任せる、もしくはずっとサイド。そんなすれ違いから生じる空きスペースを狙った作戦が成功でした。さすがOさん!

3Dは向こうもうちもちょっと力が落ちるペアでしたが、こちらが何とか2-0で取って3-0勝ち。

次の試合。「みゃーこさんいけ(ry」
このチームも速い球が好きそうなチームでしたが、特に目立った戦略なく。こちらの方がチーム力が上だったので勝てました。まあ…このチームのAチームが来ておらず、そこには以前うちボッコボコにされましたけどね(汗)。同じチームと言っても戦力を揃えるのは難しいのですね。

そして準決勝。「みゃーこさんいけ(ry」

1Dは相手の2番手、実業団Oさんが落としてしまいます。こればっかりはパートナーとの関係もありますし仕方ない。取れた…とは思いますけどね…。相手に上背があって、ラウンド側を全て上から打ってくるのにパートナーのMさんがドリブンクリアで攻めてしまい足下に打ち込まれるパターンでやられていました。クリアーはハイクリアーを使った方が良かったな〜。あとは浮いたドロップを上から入って奥に押すのが得意だったかな。上げたくないならドロップをネット際に打つのではなく、ハーフかセンターに長めのカット(カットスマッシュ)を打った方が安全だった気がします。いや〜残念。

2Dは私達と向こうの一番手。これが…これがすごいんですよ。市町村代表ペアで、完全な守備型プレーヤー。何を打っても全て高いロビング・ハイクリアーで返して来ます。何を打っても決まらない。1ゲーム目はこちらが攻め急いで逆にエラーを誘われ先行されたので、途中パートナーのMちゃんに「ゆっくりいかないとダメ、全部返ってくるからね、我慢して付き合おう」と言って作戦変更です。
こうなると我慢比べ。1ゲーム目は作戦変更が間に合わず先に取られ、2ゲーム目はこちらが取りファイナルへ。ファイナルは1点ずつ取り合う苦しい展開。無理をしないで我慢してラリーをして、少し崩れたところで仕掛ける。ラリーも1ラリーが長い長い。今までやった試合で一番長かったかも…。

ベンチもギャラリーも総立ちで「我慢我慢!」「ラリーするよ!」と。でもMちゃんは「いつまでラリーすりゃ終わるんだ〜〜〜〜」と思っていたらしいですwwだってMちゃん徹底的に狙われて動かされてたから。いや、でもMちゃんたまにはドロップやカットも打てば良いのに全然打たないのですよ。「(相手は自分より明らかに年上だったから)クリアーで負けたくない!」って、そんな〜〜〜ww疲れないなら良いけどさww付き合おうと言ったけど、そこまで付き合わなくてもww

13オールから私がネットに置く球を使ったら相手がそれまでロビングだったのになぜかヘアピンを打ってくれたので(疲れた?)私もヘアピンで勝負でき、そこで相手が上げたロビングが少し甘くなってMちゃんが後ろからスマッシュを決め4ポイント連取。これで少し楽になりました。

最後は私も手に力がなくなってきてしまい、クリアーが甘くなり苦しかったです。手の小さい筋肉が麻痺しているので握力が半分しかない上、筋持久力もありません。ラケットを握っている親指は筋肉が痩せてしまい骨が浮いているのでグリップが当たって痛いのです。

でも、試合に出たなら頑張らないと。頑張れないなら出るな!

試合の途中、もしかしたらこの手、治らないかもなあ…なんて漠然と思ってしまったんです。もしかしたらここから段々また手が悪くなってもう試合どころじゃないかもしれない。現実的に手の筋肉痩せて来てますし、回復傾向が全然みられないし…。

それならせっかく出れた試合、頑張ろうって。試合もできるだけ長くやりたいって。絶対決勝やりたい。優勝して帰りたい。

縁起でもないけれどふとそんな考えがよぎってしまったんです。だから苦しかったけど、とても楽しかった。いやドMなだけか…。

21-17で何とかこの試合を取りました。1時間以上は確実にやっていたと思います。試合が終わり、Mちゃんを休ませながら3Dを応援です。

3Dは1ゲーム目をあっさり取り、2ゲーム目は接戦で落とし、ファイナル11-4まで先行しチェンジエンズ。こりゃ勝ったなと思いました。Mちゃんシンドイから次のゲームはどう展開しようか、でも次のチームは割とビシバシだからやりやすいかな、とか考えていたんです。

そしたら!!あれよあれよと言う間に相手が追いつき、気が付けば17-21で負け…。

どういう事!?負けるような相手じゃなかった(失礼)気がするけれど!?


3Dの1人「前日練習し過ぎちゃって…」←朝からずっと言ってた
そしてもう1人も「パートナーが何も話してくれないの…」と涙ぐんじゃって←大人なのに泣くな


ああ、負けて当然ですよね。勝てるはずがない。


決勝やりたかったな。Mちゃんすごく頑張ってくれて、もう1試合やらせてあげたかった。私ももう1試合やりたかった。

負けたって良いです、結果は仕方ないです。それが勝負で、強いものが勝つんだから。
でも、言い訳するな、人のせいにするな、勝つ為にどうしたら良いかだけ考えろ、保険かけるな。

なんで「頑張ったけれどゴメン(ホントは謝る必要なんてないけど、どうしてもそう出ちゃいますよねきっと)」じゃダメなんですか?言い訳しなきゃならなかったってのは自分で今のベストを尽くしていなかったって事ですよね?やった、と胸を張れなかったって事ですよね?

前にも全く同じパターンで団体戦負けました。この先もこういう思いをするなら、団体戦なんて出ない方がいいんじゃないかとさえ思ってしまいます。私の勝手だから、私は出なくてもいい。ああ、前に2回くらい団体戦で同じ事思って、ここにも書いたっけな…同じ事繰り返してんだ。

勝ちたいと思ってみんなやっているのだから、勝ちたいと思えば勝てるなんて甘いものではありません。勝ちたいと思って、自分にできる事はやって、それでも勝ったり負けたり。だから楽しい。誰かが負けても自分が頑張る。負けても次につながる。そうじゃないのですか?
考えさせられます。



これだけじゃ何かアレなんで、最後に笑い話を。

準決勝の私達の試合。ファイナル前のインターバルで相手ベンチのアドバイス。

「髪の長い方(Mちゃん)が疲れているからそっちを動かせ。男みたいな方は半端ないから球を出しちゃダメ」


× 髪の長い方男みたいな方

○ 髪の長い方髪の短い方



対義語間違ってるから!!!!!


迷いながら試合に出て、我慢の試合を取って、色々勉強にもなったしバドミントンやっぱりやめられないって思いました。今はこの先が見えなくて苦しいけれど、でも手を治してまた頑張りたいです。
関連記事
スポンサーサイト

category: 試合・練習会

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://around40bad.blog101.fc2.com/tb.php/489-f4b8e670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。