あらふぉーばど日記 ホーム » スポンサー広告 » バドミントンいろいろ »自信満々に…

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

自信満々に…  

今度、結構大きな大会があるのです。団体戦なのでオーダーを考えつつペアの組み合わせを変えながら練習していたら、ある人に自信満々に言われました。

私、みゃーこちゃんと組んでやる自信ないから無理だと思う。監督と相談して。

って。

私の負け=チームの負けに限りなく近い。そのプレッシャーに耐えられないと。

無理だって言うなら無理ですよね。「わかりました、そう言っておきます」と答えました。

前に言ったんです。大事なのは結果じゃない。そりゃ負けるよりは勝つ方がもちろん良いけれど、一番大事なのは勝っても負けても自分がチャレンジできたのか、その試合に向けてできる事をやってみたのか、だと。
それで負けたなら悔しいけれど納得はできるでしょう。それが自分の力で、相手が上手だったと。必要な事がまだある、できる事はまだある、ってね。でも何もしない、勝負も放棄して負けても何が残るのでしょう。

チャレンジする気持ちがない人と組んでも面白くありません。頑張って何とか勝ちたいと必死に考えているのに、勝とうとしない人が味方では敵が3人になったのと同じ事。プレーについて気が付いた事を言っても「わからない」「できない」って、ホントに考えてるの!?

それでも彼女が「どこまでできるかわからないけれど頑張ってみる、よろしくね」って言ってくれたら、私も難しい試合になるだろうけれど頑張ろうと思っていました。でも違った。「頑張ってはみるけど自信ない」「無理だと思う」と。いつも言い訳(どこが痛い、誰かがこう言った、こんな事があった、等)を用意してそこに逃げ込んじゃう彼女、「言い訳なしでやってみましょうよ」って言ったんだけど、言い訳がないと負けた時に全て自分のせいになるのは耐えられないみたいです。

この4年、ずっと彼女のことを「もっとできる人なのに勿体ない」と思ったからこそ敢えて厳しい事も言ったし、試合にも組んで出ました。でも結局は「やれないならそれまで」なんですよね。「やればできるのに」ってのはやれない限りずっとできないんだから。

寂しいですね。残念。
関連記事
スポンサーサイト

category: バドミントンいろいろ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://around40bad.blog101.fc2.com/tb.php/518-6ecccb63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。