あらふぉーばど日記 ホーム » スポンサー広告 » バドミントンいろいろ »部活を見に行きました

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

部活を見に行きました  

上の娘が中学生になり、専門の某競技部がないため、どの部に入ろうか迷ってバドミントン部も見に行きました。あくまでも私は部外者なので口出しナシ!見るだけ!お口チャック(古)!


なんという苦しさ…(笑)!


体育館は他の部と交代で使うため、3面を占有できるのは週に1回だけ。その貴重な1回をこの練習…。

基礎打ちの後にダブルスのアタック練習と思われるような事をやっていました。全面を使い年配の顧問の先生の横に1人2年生を入れ、前に2人ペアを入れます。先生側からロングサーブを出しひたすら打つ。打つ。打つ。それだけ。

「ちゃんと打てよ!」って、どうすりゃいいのさ?

これ何の練習なんですかね。上がった球は全部打つ練習?でも打つと言っても、コースはさておきとにかく打つ練習なのか、狙って打つのか、ローテーションを練習するのか、打てる球は打つけれど打てない球は考えて他の球を出して繋ぐのか、打てなくても下げる球を打てばいいのか…。子ども達に説明しているようには見えませんでしたし、子ども達が何かを考えてやっているようにも見えませんでした。上がって来たからただ打つだけ。狙うコースもめちゃくちゃ、出た球もめちゃくちゃ。

試合の何を想定しているのか全然わかりませんでした。先生が子ども達と一緒に入っていい汗かきたいからやってるだけに見えましたね。

もうあんまりだったんで、クラブで余っちゃって捨てるに捨てられないロスト球を2箱差し上げる約束をして、翌週も見に行きました。

翌週も全く同じ練習をしていました。更にグレードアップしていたのは男子の顧問の先生もいたことです。ジーパンにスリッパでノック出ししていて、まさか先生とは思わず。個人的にはコートに入るのにせめてシューズは履いて欲しいです。父兄かOBが来ているのかと思ってしばらく見ていました。これもまた同じく、その練習では何を優先し意識しなければならないのかを全く言わず、ひたすら出しては「(オーバーヘッドストロークでフォワードスイングに入る局面で)もっと肘を高く挙げて、そこから下にぐいっと下げるんだよ!」みたいな事を言っていました。

その正否は…私ならそんな風には教えないっつーか違う(汗)。

って事はフォームを作りたいのでしょうか。それならフォームを意識して球に入れるようにあまり動きは入れずもっと余裕ある球を出してあげればいいし、わざわざノックではなく半面でお互いドロップやカットででも最初練習した方がわかりやすい気がします。全面ノックでは1回に1人しか入れませんし、動きが入ったらフォームどころじゃなくなっちゃう。

1面はそのノック、もう1面は3年生(この子達の方がノック出しが上手い…)が多分全面のシングルスノック、もう1面が先週と同じ女子の練習。3面あるのに子ども達は4人しか入っておらず、あとの子はノック出し、球拾い、先生の横。サブネットを張っているのに全く使わず。1年生は周りで体育座りで見てるだけ。1年生は舞台でグリップや素振り練習させるとかできるだろうに…。


もうね、なんという苦しさ…(笑)!


うちの子の仲良しさんも入ったし、せっかく地域の学校だから、私は部外者(まあ保護者だけど)でも1年生くらいなら面倒見るよ?と思って、一応連絡先を告げ、帰ってきました。

でも連絡がないんで先生的には不要なんでしょうね。口出しされたくない雰囲気がヒシヒシと…。私が指導員もやっている事を話したので、余計警戒されているんでしょう。

私が教えた生徒さんや友人知人のお子さんもいらして「コーチに入ってくれたらいいのに」と方々から言われますが、必要とされていない以上は入る訳にもいかず。しかしあの惨状では子ども達がかわいそう。男子はそこそこ強くてブロック大会でも勝っているようですが、明らかにジュニア時代の貯金だけで勝ってる。女子は…無理!

もう少しだけでいいから、基本を教えてあげたら全然違うのに…。専門の先生とはとても思えなかったので致し方ない所もありますけれど、それでももう少し工夫して欲しいなあと思ってしまいました。わからないなら外部指導員を付けるとかね。ただ男子の顧問は部活説明会で「俺、バドミントン知ってるし」という感じだったらしいですから、好きにやりたいんでしょうね。

ジュニア出身の子は知識もない(多分)のに怒鳴りまくる先生を見てわかっちゃってるだろうなあ…。

色々考えた末、娘を学校の部活に入れるのはやめ、かわりに某競技を週に4回に増やしました。バドミントン部に入れるか最後まで迷いましたが、あの活動ではあまり意味がないと思ったのと、専念しない(某競技優先)のに良い顔をされなかったから。ピアノもやっているので、少なくとも月・水・木・金・日が潰れてしまうのでは部活は難しいですよね。月金は某競技はやや遅めに始まるので行けない事もないけれど、例えばバド部練習して帰ってきてすぐ某競技、では娘も大変そう。うち、通学に徒歩50分かかるんで…(汗)。まあでも、もしバドミントン部がもう少し良い感じだったら調整してやらせたかったかな。

それでも「顧問の先生がいる」お陰で練習もできて試合にも出られる。某競技は顧問がいないため中体連の試合には出られない…。

あ〜〜〜どっちが良いのか…(汗)。

もちろん、先生方が忙しい中で時間を使い、休日返上でやって下さっているのは本当にありがたいです。でもせっかくそうやって大変な思いをしてまでやるならもっとやりようがあって、もっと子ども達が強くなれば先生だって嬉しいんじゃないのかなと。

いや、何というかもうちょっと考えようよ、せっかくの部活なのに、って感じでしょうか。バリバリ練習させろと言うんではなくて、なんか意味あるのこの惰性的な活動?みたいな…。

決して部活至上主義とかでも勝利至上主義とかではなく、勿体ない!って事なんです。ホント勿体ない!!
関連記事
スポンサーサイト

category: バドミントンいろいろ

tb: 0   cm: 9

コメント

 お久しぶりです。

 今回の記事はちょっと思い当たることが多いですね。

 この学校の指導者は、さすがにマナーや全体への配慮という点でひどい部類に入ると思いますが、一般的な指導者像でもあります。

 とりあえず、運動量を確保しておけばいい、自分が教えているような感じを出したい、そういう指導者は全体の8割位はいるように思います。

 そういう学校の選手は本当に可哀想で、自分も教えてあげたいなあと思うことがたくさんありますが、あまりに人数が多すぎて一人ではどうにもなりません。

 指導者といえば体罰の話ばかり取り上げられますけど、指導能力の是非は取り上げられません。子供から何かを奪っているのは同じだと思うんですけども。

 こういうのを見てしまうと、子供とその時間を預けるのは怖いですね。最終的には子ども自身がどう思っているのかだとは思いますが、賛成はできないかなぁ。

 それにしてもみゃーこさんの子供さんはいい意味で忙しいですね。自分の場合、この時期は遊んでいた記憶しかありません。大人になればもう少し有意義なことができたかなと思いますが、結局どっちがいいんでしょうね。

でぃあ #S/yz/frI | URL
2014/05/12 00:53 | edit

ご無沙汰しています

こんにちは、お元気でしたか?新しい環境にも慣れてこられたことでしょうね。

でぃあさんが書かれているように、これはごく普通の光景なのだと思います。自分が教えているような感じを出したい、そうなんです、そう感じたんです。教えて子ども達が上手くなる事より自己満足。

子ども達は素直なので、やれと言われればやりますし、嫌と思っても「先生」ですから最初から上下関係があります。成績も人質に取られているようなものです。不満に思っても何も言えないでしょう。バドミントンの楽しさもわからないんじゃないかな?

子供から何かを奪っている、本当にそうです。時間、努力、気持ち。子ども達だって負ければ悔しい。勝ちたいですよね。ジュニアの子には敵わないからと言わせてしまうのは本当にかわいそうです。保護者の方、特にジュニア上がりの子達の保護者は不満じゃないのかな?私なら我慢ならないですね。

うちの子達は私が習い事やスポーツを何もやらせてもらえなかった反動で、色々やらされています(笑)。ピアノも某競技も予想外に上達しビックリ。でも中学生になったら本人の希望も聞いています。

上の子はこのまま某競技を続けそうですが、下の子はバドミントンをやりたいそうなので3年後にはあの顧問を何とかせねばと思います。別にケンカしたい訳ではなく、一緒に協力して子ども達の為に…と思うのですが向こうが嫌がる場合どうしたものかと。

みゃーこ #- | URL
2014/05/12 10:44 | edit

あるある!ですね。

ジュニアで称まで育て上げた子どもたちを、中学の部活でつぶされるってよくあることですよね。
悲しいかな、よく聞きます。
中体連と言う特殊なシステムがいけないんじゃ・・・。

ウチのコ(中3)は部活にバドがなかったんでジュニアにそのまま通っていました。
よかったと言えばよかったんですが、もうすっかりバドに関心がなくなってきた様子・・・。
彼女はそれで充実しているようなので、まあよかったと思います。

中学校の先生はご自分がテッペンでないとイヤな方がたくさんいらっしゃいます。
んが、異動がありますからね。環境が変わるといいですね。
お気をつけて〜〜〜。

りえ #XuXjnoQY | URL
2014/05/12 11:57 | edit

みゃーこ師匠

ご無沙汰でした~
中学生になったんですね~
歩いて50分の通学!
足腰鍛錬にはもってこいですね~
モリモリ食べても通学で消費しますからダイエットの心配もないしね。
でも、チャリ通にはならないんですか?
こちらでは部活やってる子はみんなチャリ通で、うちは中学まで歩いて5分なのにチャリで通ってます(笑)


ところで部活の練習内容ですが、こちらも同じです。
顧問の先生はバドミントンどころかスポーツにあまり興味がない。
外部コーチはいるにはいるがなかなか来てくれない。
コーチの言うことがそれぞれ違う。
先輩達は中学から始めた子がほとんどなので練習メニューが超簡単・・・
試合に出るために所属しているような感もあります。

やっぱり強豪校は、そのあたり指導者やシステムはしっかりしてるんでしょうね。

中学に入って急にうまくなる子たちっていますからね。



う~~~~ん
バドは上達させたいし、口出せば嫌われるし・・・

ジレンマですね~


おやばかちゃんりん #- | URL
2014/05/12 12:28 | edit

こんにちわ。
前から興味深く読ませて頂いてます。

いやぁ、焦りました。ウチの部活かと思って(笑)

私も同意見ですが、更に厳しい(悲観的な)見方をしています。

結局のところ、指導力(バドではなくて)の無さを棚にあげて、自分の「言う事を聞く、コントロールできる集団」を作ることが目的なのかなと。

子供は鋭いので、どうしても外部指導者の言う事を聞くようになってしまいますので、自分のやりたいように出来なくなってしまいます。

てなわけで、うちでは他にいた外部指導者はクビになっちゃいました。オマケに、経験者の親御さんも出入り禁止に…

なんとかしなければ子供が不幸になると思って、孤軍奮闘中です。

また、面白い話を期待しています〜

せかい@某外部コーチ #- | URL
2014/05/12 12:42 | edit

Re: あるある!ですね。

こんにちは。
やはりこの「中学エアポケット現象」を何とかしないと子ども達もかわいそうですよね。

前にも書きましたが、文科省も中途半端なんです。小学校まではスポーツ少年団を含む総合型地域スポーツクラブ形式で子ども達を育てる事を推奨する方向なのに、中学生からは途端に学校教育の一環として扱う。それなのに教員の仕事とはみなさず、あくまでも余暇活動でしかない。だから教員の資質向上もなければ責任感もない、やりたい子がやれるかどうかは運だけに左右される。そりゃ特定の私学に集まるに決まってますよね。

私自身は教育の一環としてのスポーツという位置づけは日本人にはとても合っているんじゃないかと思うのですが、時代の流れでそこまでできる教員も少なく、そこまで教員に任せられる親も少なくなっています。

私は身内に体育の教員が多いのですが、生活指導から部活指導まで滅私奉公です。でもそれを誇りに思い当然だと頑張っていますし生徒からも慕われており、退職後には教え子達が先生をもう入れ替わり立ち替わり助けたくて仕方がない…という者もいます。集まれば部活の話、先生の話、(今じゃ問題だけど)よく殴られたとか試合の後だらしない試合ぶりに怒った先生が道具だけ運んで生徒達を走って帰らせたとか(しかもうち1人はちゃっかりバスで帰ったとか)…そんな話ばかりです。

教員は大卒後にいきなり「先生」と呼ばれ、子ども達とは初めから上下関係ができていて常に自分が上ですからね。自分が上でないと嫌な先生も多いと言うのは納得です。そんな先生ばかりじゃないんですけどね…。

今はまだ直接関わることはありませんが、3年後に下の子が入学しバドミントン部に入ったら…今のままではおけないですね。かといってヘソを曲げられ顧問を降りられたり成績を操作されてはたまりません。
そこは私も色々修行しておかなくちゃなりませんね。

みゃーこ #- | URL
2014/05/12 21:10 | edit

Re: タイトルなし

こんにちは。
徒歩50分、自分が平気なので子どもも平気だろうと。体のサイズ私とほぼ同じなので平気でしょう〜〜(笑)。足腰の鍛錬にちょうど良いです!荷物が重いのがちょっとかわいそうですが。

強豪校が生まれるシステムは…都道府県によっても競技種目によっても違いますよね。例えばうちの子ども達の某競技が強い某県は先生がかれこれ数年も転勤していません。転勤してもすぐ戻ってくる、みたいな。越境(住民票を一時的に移す)も普通にやっていますし、地域の小学校やスポーツ少年団に身内みたいな腹心(笑)がいて、小中一貫みたいな感覚です。そしてそこからよく知っている高校に選手を出していきます。まさに小中高一環教育。善し悪しは別として、そういう環境でないとどうしても間で中だるみしちゃいますよね。

私はそこまでしなくても、もう少し自然な形でも強くなれると思うのですが。

バドは上達させたいし、口出せば嫌われる…ホントですね…。どうしたらいいんでしょうね。

みゃーこ #- | URL
2014/05/12 21:50 | edit

うち、中学は市内全域で自転車通学禁止なんです。遠い所(片道2.5km以上?)はバス通学が認められており、市から補助が出ます。でもバスのルートが回り道だったり、雨の日は全く時間が読めなかったりでほとんどの子が徒歩通学しています。

みゃーこ #- | URL
2014/05/12 21:52 | edit

Re: タイトルなし

こんにちは、初めましてですね。コメントありがとうございます。このつまらんブログにこの話題でコメントが多いと言うのは…どこでも同じ問題があり、親御さん達が同じ思いをしているのだなあとやるせない気持ちになります。アクセス数が普段の倍です。驚いています。

しかし、外部指導者はクビ・経験者の親出入り禁止はこれまたひどい…よほど自信がないのですね。

経験者でなくても良い指導者はたくさんいます。野球なんてスポーツ少年団のコーチは失礼だけどそこらの素人保護者ばかりですよね。でもそれでチームを強くしているコーチはたくさんいます。
技術指導だけが指導ではありません(もし技術のみ重視なら、世界チャンピオンしか指導者になれない事になります)し、勉強して実践していく事でいくらでも指導者にはなれると思うのです。

大事なのは「選手の事を一番に考えているか」ではないでしょうか。選手をさておいて自分の事ばかり考えている時点で指導者としては如何なものかと思うのです。特に将来ある子ども達の指導者としては…。

みゃーこ #- | URL
2014/05/12 22:00 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://around40bad.blog101.fc2.com/tb.php/552-a20e716c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。