あらふぉーばど日記 ホーム » バドミントンいろいろ »今日の練習09/01

今日の練習09/01  

新学期になり、久しぶりに会える人がたくさん!だから膝が痛いけれどバドすると言うより皆に会いにいきました。11時から子どもの学校に行かなくてはならず、10時半までの1時間半だけ顔を出して来たのです。基礎打ちと1ゲームしかしていないので練習日記ではありません(笑)。

15年ぶりにバドミントンに復帰して3年。復帰する前は子どもの友達のママさんと近所の人くらいしか知り合いがいませんでした。ところがバドミントンという共通言語で、どれだけ世界が広がった事か。不思議ですよね…一緒にコートに入ったら友達。年齢も性別も越えて友達。全然知らない人同士なのに、ビジターでポッと練習に入れてもらっても友達。本当に不思議だし嬉しいです。

子育て中、特に子どもがまだ公園に行っても遊べるかどうか位の小さい時期は「夫以外の大人との会話がない」なんて事もよくあります。だから大人同士の会話に飢えていて、ネットの掲示板などで「○○に住んでいます、お友達になってください」なんて書き込みをよく見ます。私も一度地域のコミュニティでそういう書き込みを見つけ、近所のママさん達と会った事がありました。確かに子どもの事で話もできるし…。でも違うのです。「同じ子どもを持つ母親」でありながら何か違う。それが共通言語にならず、そんな急に友達になんてなれないんですよ。そんなの当たり前だよと言う方もいるかもしれません。人間関係って少しずつ積み上げていくものですしね。

ところがバドミントンは「一緒にやろうよ」と言って、レベルの差はあるかもしれないけれどゲームに入って、そうしたら何か楽しいし話が盛り上がるんです。そりゃバドミントンやっている同士だって、いきなり超楽しくってぇ~~~サイコー!な訳がありません。緊張もしますし、そういう場から帰ってくると「ふうっ~~~~」と一息ついてしまう事だってあります。

でもでも!皆バドを好きすぎる人ばかりなんです。だから「ふうっ~~~~」の後に必ず「楽しかったなあ~~~行って良かったなあ~~~また行きたい!」って思っちゃう!何なんでしょうか、この感覚は…。人間ですから考え方も性格も何もかもが違います。気が合わない人も絶対にいます。それなのにバドミントンをやっている時はそんなの関係なくて「この人はこういう球を出すんだ」「こういう考え方があるんだ」って、バドミントンに関してはすごく客観的というか冷静に見れてしまうんです。もっとも逆にそれがシビアになってしまう部分もありますけど

共通言語。
バドミントンに限らずスポーツや音楽などは同じような感覚があるのではないでしょうか。私、バドミントンをやっていて本当に良かった。神様ありがとう。そして12歳の時にバドミントン部に誘ってくれたクミちゃん、本当にありがとう!



関連記事
スポンサーサイト

category: バドミントンいろいろ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://around40bad.blog101.fc2.com/tb.php/70-1d7e5ac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop