あらふぉーばど日記 ホーム »
このページの記事一覧

卒業しました  

家から新幹線の距離にある病院に久々に経過観察に行きました。数ヶ月毎にまだ経過観察に通っていたのです、実は。

診察が終わり一通り手の状態を見た主治医が「うん…右手の指の力は左手の半分くらいだね。前回とほとんど変わっていないから…もうこの位かな」と。卒業を言い渡されたという事は裏を返せばもう私の手は今の状態が限界だろうという事を意味します。前回の診察から指の筋力や可動域はほとんど変化がありません。自分でも回復がプラトーになったのは感じていました。

両手を並べ、思い切り開いた状態(右手は人差し指〜薬指はほとんど力が入らないので開かない)で写真を撮って結果を残して、リハビリでも筋力や動きの検査をして、初診日に書いた痛みと動きのアンケートを3種類もまた書いて。また何か困った事があったら遠慮なく来てと優しい主治医が言ってくれました。

先日ガラスでパックリ切って縫った小指の脇も診てもらって一安心。先生に「また神経まずいよね、今度は感覚がなくなっちゃうから気をつけてね」と笑われちゃった(笑)。笑い事じゃないな。
OTさんには「手の動きは弱いけれどみゃーこさんは上手く使っているし、まだ年単位でちょ〜っとずつ回復する傾向もある感じだから諦めずに頑張ってください」と言われました。

骨折の手術だったはずが手が自由に動かせなくなり、おかしいと思い訴えたのに全く相手にされず、転院先を自分で決めて紹介してもらい再手術。問題なかった神経を誤って切られていて自家神経移植・縫合手術から3年2ヶ月。

よくここまで治ったと思います。元の7割まで回復すれば御の字と言われ、年齢を考えたら今の状態は本当に上出来。やっぱり縫うのが上手な先生にやってもらうべきですね。私の主治医は絶対にオススメです。

最後に質問紙に答えていると「ああこれもできないな」「そういえばあれもできないな」とできない事が結構あるのに驚かされます。でも、元来どうにもならない事は気にしない性格なのか聞かれないとわからない=普段それで悲観的になる事はないですし、日常生活でそこまで困っていない事、バドミントンができている事に感謝しています。

そうできるのは治してくれた今の主治医や親身になってくれた病院スタッフや周りで支えてくれた人のお陰です。本当にありがたいことです。やれているだけでありがたい。

これからこの手と一生付き合うから、覚悟を決めて気持ちも新たに頑張ります。


と言うほど本人は深刻じゃありません。慣れたし~(笑)。


それに…指の筋力、今たぶんまだ健側の半分くらいなんだけど、その半分が普通の女性と同じくらいなんだって。親指と人差し指でつまむ力は女性は3kg出たらかなりすごいらしいのですが、私は左で6kg、右が3kg…。麻痺して普通。先生ビックリ。握力も35kgまで回復したし、うん、私大丈夫!

よ~し、スッキリ!晴れ晴れとした気分です。辛くて悩んだし失ったものもたくさんあったけれど、得たものの方が多かったと思う!!本当に不運だったけれど不幸じゃなかった。

今年はリスタートの年、頑張るぞ~!

助けてくれてみんなありがとう!

category: 手のケガ

tb: 0   cm: 0

超ハンデ戦に出てみた(後編)  

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

category: 試合・練習会

tb: --   cm: --

超ハンデ戦に出てみた(前編)  

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

category: 試合・練習会

tb: --   cm: --

FC2プロフ

ウェザーニュース天気

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

最新トラックバック

▲ Pagetop